「センスブランド」が51フーガ用マフラーを発売


フロントとセンターの2ピース構造を採用
パワー、音質、底上げの3要素を実現する

「センスブランド」の『ハイパワーブースト』マフラーは、迫力の重低音、パワーアップ、最低地上高の底上げといった3つの用件を同時に叶える。この『ハイパワーブースト』に専用マフラーが少ない日産51フーガ用がラインアップされた。SENSE_Main

社外マフラーに求める性能とは、どんなものが挙げられるだろう。
人によって違いはあるだろうが、VIPセダン用ということなら、迫力の重低音であったり、パワーアップであったり、またシャコタンならではの要件・底上げ性能、といったところではないだろうか。Y51-150213-14-1200x1200

「センスブランド」の『ハイパワーブースト』は、これらの3要件を同時に叶えてくれる。その万能なるハイパワーブーストに、いよいよラインアップされたのが現行モデルである日産51系フーガ用だ。
専用マフラーの少ない車種だけに、オーナーにとっては朗報だろう。

『ハイパワーブースト』は、フロントパイプとセンターパイプの2ピース構造を採用する。
フロントパイプにはパワーと重低音を増幅するOPI膨張管を装備。この膨張管はメインパイプとほぼ同径のため、路面とのクリアランスを確保できるのもポイント。

写真のフロントとセンターの2ピース構造。セットで装備するのが正解。両パイプの接続は差し込み式だ
写真のフロントとセンターの2ピース構造。セットで装備するのが正解。両パイプの接続は差し込み式だ

そしてセンターはH型同調レイアウトと、内部がトルネード状のTND膨張管を採用。こちらは重低音を高めつつ、回転する排気が程よい抵抗となってトルクダウンを軽減。また、TND膨張管は腹下に食い込むように溶接されていて、路面に擦りにくくなっている。

センターパイプ以降は、純正リアピースにも対応する
センターパイプ以降は、純正リアピースにも対応する

 なお、リアピースは純正でもOK。だがビジュアルアップも果たしたいなら、センスブランドの膨大なラインナップから選ぶのがオススメ。ハイパワーブーストと合わせて、最強のエキゾーストシステムを完成させてほしい。

センスブランド TEL0467-38-7432 http://www.sensebrand.jp

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】