ローダウンした「NDロードスター」の足まわりを矯正


車高を下げたときに悪化する操安性と直進安定性を
「オートエクゼ」ローダウン車用タイロッドが改善する

マツダ車のチューニングパーツをリリースする「オートエクゼ」が、マツダND型ロードスター(現行モデル)の足まわり系パーツ2種類を発売した。
ひとつはローダウン化で変化したサスペンションのトーの角度を正常値に戻す『スポーツタイロッドエンド』。もう一つは、乗り心地と操安性を高める『スポーツダンパー』だ。どちらも現行型ロードスターの走りの質を高めるパーツだ。
nd05_img01

『スポーツタイロッドエンド』は、ローダウンサスなどで車高を下げたとき、タイロッドの角度変化を補正するアイテムだ。炭素鋼製(S45C鍛造)。mnd7a00
タイロッドエンドのボールジョイント部を長くすることで、トー変化(バンプステア)を抑制。ハンドリングや直進安定性を向上させ、本来のステアリング特性を復活させる。
7A00I3mnd7a00imageND型ロードスター全グレードに対応。価格は¥20,000(税別)。
RX-8(SE3P)、ロードスター(NCEC)用もラインアップする。

純正スプリングに対応したスポーツダンパー

『スポーツダンパー』は、ND型ロードスターのノーマルスプリングと組み合わせ、車高を変化させることなくハンドリングを改善するノーマル形状のダンパーだ。
精密な減衰力を発生させる「高精度微低速バルブ」を採用し、ピストンスピード0.1m/sec以下の微低速域から伸び側の減衰力を強化。
ロールスピードをコントロールしつつ、突き上げの原因となる圧縮側を量産車と同レベルに設定する。乗り心地の考慮したダンパーだ。mnd7700image

価格は¥72,000(税別・1台分)

オートエクゼ TEL03-3531-8151 http://www.autoexe.co.jp/

【関連記事】