富士スピードウェイに全国から2800台の新旧86とBRZだ集結


86&BRZファン9000人が集まった大イベント
「Fuji 86 style with BRZ 2016」開催!

トヨタ86が1900台、スバルBRZが600台、トヨタ・レビン&トレノが300台、その他車種が1100台、合計入場台数が3900台、入場者数は9000人が集まった静岡県で7月31日に開催された「Fuji 86 style with BRZ 2016」。パレード2

今年で7回目となるこのイベントは、富士スピードウェイとレーシングドライバー土屋圭市さんが一緒になってスタートしたものだ。
最初の年であった7年前は、まだトヨタ86&スバルBRZは発売されていなくて1980年代に発売されたAE86のみ。ステージ前にはパラパラとした人しか居なかったイベントだった。
だが、2012年にトヨタ86&スバルBRZが登場してからは来場者数は年々増えて、今年は9000人も集まるビッグイベントになった。_DSC6696

メイン会場は富士スピードウェイのグランドスタンド裏にあるイベント広場。
数多くのアフターパーツメーカーが自慢のデモカーやパーツ展示を行った。
またステージでは、土屋圭市スペシャルトークショー、トヨタ86&スバルBRZのチーフエンジニアである多田哲哉さんや乾保さんによる開発者トークショー、ハチロク虎の穴エンジン解体ショーなどが行われ86&BRZファンのみならず、クルマ好きの人にとっては大満足の内容となっていた。_DSC7192

また、86&BRZ愛車自慢「ココ見てっ」ドレスアップ&カスタマイズコンテストでは、トヨタの多田哲哉さんがトヨタ86、STIの辰己英治さんがスバルBRZ、土屋圭市さんの3人がそれぞれ好きなクルマを1台チョイスして大賞を決定。ステージ上では表彰式も開催された。

86賞&BRZ賞

レーシングコースを使ったコンテンツとしては、8Beatのデモンストレーションランや、フォーミュラドリフトジャパンの特別戦を開催。ドレスアップコンテスト
レーシングドライバーの織戸 学VS谷口信輝、夢のドリフト対決も行われ、大いに盛り上がった。
イベントの最後には、本コースを使ったパレードランが行われ、一斉に走り出したその姿は壮観であった。パレード

(レポート:XaCAR編集部・大野田諭)

【関連記事】