【洗車術】ひと手間加えるだけで甦る「ボディの艶と輝き」


クリーナーで水垢や油汚れを除去
下地作りで差が付くボディケア

お手軽コーティングなど、ボディの光沢を出す「ワックスがけ」と言われる行為は、10年前に比べてもの凄く容易になっている。
しかし、本当の輝きを引き出すには、下地作りといわれるコーティング前のひと手間が必要。これをするか、しないかで同じボディカラーでもまったく色味や輝きが異なってくるのだ。D3A_3549

最近は、洗車あとの濡れたボディにスプレーして拭き上げるだけ、などのお手軽コーティングが今では主流になりつつある。手間はかからないだけでなく、肝心のツヤもレベルが高くなってきて、まさにこれ1本でOKではある。12しかし、購入した頃に比べてボディのツヤや輝きが落ちてきた、と感じたのなら、お手軽コーティングに限らず、従来からのワックスやコーティングがけでも重要なのが「下地作り」だ。
「下地作り」と聞くとなにやら面倒な感じがするかもしれないが、じつはひと手間でOK。02-2

カーシャンプーだけでは落としきれない
汚れがボディの輝きを失わせる

そもそもボディ表面には、カーシャンプーでは落ちない頑固な水アカや汚れ、油分が付着。
さらに紫外線や熱などによって、徐々に塗装の経年劣化は進行している。そのままにしてコーティングをしても効果は半減。女性のお化粧のように、荒れた肌にいくら厚化粧してもダメというのと同じ理屈だ。5

これらを落とすのが「下地作り」なわけで、水アカクリーナーを使えばひと皮剥けた状態になり、コーティングなどの効果が最大限に引き出せるし、密着性も上がるので、効果も持続する。
ただし、クリーナーによってはボディカラー別にクリーナーの成分(コンパウンド)が異なるので、購入するときは注意してほしい。19

また油分については、シリコンオフ(リムーバー)を水滴を拭き上げたボディにスプレーをすると除去できる。シリコンオフとは塗料のノリをよくするためのもので、塗装に直接かけても問題はない。
もともとスプレー式塗料の密着をよくするためのもので、ボディリペアコーナーで売られている。01 2

いずれにしろ、洗車あとの濡れたボディに付いた水滴を拭き取る必要はあるが、手間も時間もそれほどかからないだけに、間違いなくワンランクアップの仕上がりを手に入れられる。
ちなみに、濡れたボディの拭き上げは、ぞうきんなどの布より拭き上げ専用のウエスを使用すると作業時間は半減できる。

(レポート:近藤曉史)

【関連記事】