3D感満点!魅せるオーディオカー【カスタムジャパン】


サウンドとビジュアルを両立した
ど派手なカスタム車8台をピックアップ

8月28日(日)富士スピードウェイに約1500台のカスタムカーが集結したカーイベント『カスタムジャパン』。4つのカーイベントを同時開催したもので、その中のカスタムオーディオに注目。
サウンドだけでなく、魅せることにもこだわったど派手なドレスアップ車を紹介しよう。
th_PH01

カーオーディオのイベント『ACG2016』に出てきたクルマたちを中心にピックアップ。

まず、注目はこのヴェルファイア。
ラゲッジルームと3列目シートのスペースに立体的な造形のファイバー製ボックスを作り、サブウーファー8発を投入。

th_PH02元々スライド式だったリヤドアをガルウイング化し、サブウーファーを片側2発(両サイドで計4発)! 

th_PH03

運転席がある前1列だけを残し、内装にもメカニカルなカスタムを施す。

th_PH04

外装は、本物の炎のように見えるリアルフレイムスという手法でペイント。中も外も圧巻!

th_PH05

プジョー208は、動きを加えたトランクオーディオのカスタムが面白かった。

th_PH06

中央のアクリル製ボックスには12インチのサブウーファー。これが電動モーターで360度回転するのだ。ちょっと例を見ないギミックだ。

ほかにもトランクなどにガッツリとオーディオを投入したクルマがたくさん。例えば、スポーティな86にもth_PH13

コンパクトではヴィッツ

ファンカーゴ

iQのリヤにも!

ニュービートルもど派手にカスタム

ぱっと見シンプルなセルシオのトランクにも、ペーズリー風模様のボックスにウーファーやアンプ

魅せる要素が満載のオーディオカーたちは、まさにショーカーの代名詞。
今後、これらクルマたちが、さらにどう進化するのか楽しみだ。

(レポート&撮影:平塚直樹)

【関連記事】