ボディ・ビルドしたカスタムカー【カスタムジャパン】


エアロやワイドフェンダーなど
ド派手なボディを纏う

8月28日(日)、富士スピードウェイで開催された『カスタムジャパン』は、『SKF2016』、『SBM』、『AMZ』,『ACG2016』の4イベントが同時開催された合同カーショー。
レポート第6弾は、ボディカスタムのクルマをチェックしてみた。

th_PH01

空へ高々と上げることで、見た目のインパクトが増大するガルウイングドア。『SKF2016』に出ていたダイハツ・コペンも、そのカスタムを採用していた1台。中々の迫力だ。

th_PH02

こちらは、『AMZ』に出ていたハマーH23台。いずれも左右のドアを高々とカチ上げて、威風堂々とした雰囲気が満点だ。

th_PH03

同じく『AMZ』には、超ロングリップのフロントバンパーとワイドフェンダーなどを付けたダッジ・チャレンジャーが出展。これらは全てトップスピード製だ。

th_PH04

トヨタの北米専売ピックアップのタンドラにも、元々ワイドなボディをさらに圧巻にするワイドフェンダーを装着。

th_PH05

エアロパーツも、そのデザインでクルマの雰囲気を左右する。
『SKF2016』には、押し出し感満点のブラックパール製エアロ『GALAXY』を装着したヴェルファイア(左)とアルファード(右)がお目見え。

th_PH06

こちらは、純正フォルムを活かしたリプロ製エアロを装着したハリアー。th_PH07

シュピーゲル製エアロを装着した50プリウス。こちらはスポーティなテイストを演出している。th_PH08

今回紹介したものは、パーツ装着から加工まで幅広い手法があるボディ・カスタマイズの代表的な例。ぜひ参考にしてみて欲しい。

(レポート&撮影:平塚直樹)

【関連記事】