映画「トラック野郎」に登場した『一番星号』降臨【ジャパントラックショー】 (1/2ページ)


来場者が真っ先に見るのが「一番星号」
誰もが立ち止まるほどの存在感

神奈川県横浜市のパシフィコ横浜で9月1〜3日に開催された「ジャパントラックショー2016」。
会場に入り一番最初に出会うのが映画「トラック野郎」で主役級に活躍していた元祖デコトラ(アートトラックの原点というのが正確かもしれない)『一番星号』だ。NY2_0888

映画「トラック野郎」とは1975年から1979年にかけて、東映が製作した映画で全10作が作られた。
主演は故・菅原文太が演じた「星桃次郎」。その相棒には故・愛川欽也が演じる「ヤモメのジョナサン」こと「松下金造」という設定だった。
そして彼らが運転するトラックが、煌びやかな電飾が装飾され荷台のパネルには鮮やかな絵が描かれており、デコトラ文化が大きく花開くきっかけとなった映画だ。
まさにアートトラックの原点といえるトラックなのである。NY2_0903

一番星号は映画終了後、所有者を転々とし最後は放置され朽ち果てようとしていたが、ファンや有志の手により復活を成し遂げ、現在に至っている。NY2_0891電飾や箱絵と呼ばれる鮮やかな絵を映画当時に復元させ、現在では各地のイベントなどでその勇姿を見ることができる。NY2_0908

今回のジャパントラックショー2016では入り口に展示されていた。NY2_1502『トラック野郎』の映画を見ていたであろう年代の方から、映画を知らないと思われる若い人まで、一様に足を止め携帯やスマホ、デジカメで『一番星号』のその迫力ある姿を収めていたのが印象的だった。
この一番星号は、理屈抜きで誰もが感じるオーラと存在感を放っていたことは間違いない。NY2_0911