「コペン」でツライチにするホイールサイズを実装検証 (1/2ページ)


意外とまだまだデータが少ない
400系コペンのホイール事情

現行モデルとなるダイハツ400系「コペン」は、どのサイズのホイールまで履けるのか?
コペン専門店「も。ファク」の協力のもと、5.5J~7.0Jサイズのホイール5種を試着した。
これからコペンでホイールドレスアップをするには、きっと貴重な履きこなしデータとなるはずだ。

00_%ef%be%92%ef%bd%b2%ef%be%9d%ef%bd%b1%ef%be%80%ef%be%98

2014年6月にフルモデルチェンジして2代目となる現行モデルが登場。ここで始めて、先代と新型は型式で区別され先代=880(ハチハチマル)、新型=400(ヨンヒャク)という呼び分けがされるようになった。
新型である400系コペン新型は量販モデルの「ローブ」、クロスオーバーの「エクスプレイ」、丸目の「セロ」と異なるエクステリアデザインをグレードを展開。これを可能としたのがドレスフォーメンションだ。copen_151224002

発売から約2年を経過した今も、メーカーの目標販売台数を超えている。
コペン用パーツは増えてきているが、ドレスアップの基本であるホイール交換のデータはまだまだ少ない。
まずは、ノーマル状態からチェックしてみよう。

優等生な純正ホイールならではのツラウチ状態

4.5J純正サイズ

WHEEL:NORMAL 16×4.5J INSET45
TIRE:POTENZA RE050 165/50-16
COPEN SPEC:フルノーマル

まずはフルノーマル状態にて基準値を計測するところからスタート。
純正ホイールは16×4.5Jリム&INSET45では前後ともかなり内側に入り、ツライチまでは余裕がある。
計測の結果、フロントよりリアのほうが約10mm内側に入ることも分かった。

04_img_7837

フロントフェンダーとタイヤ(ホイール)のツライチ具合を見てみると、約15mmほど内側に入る。

06_img_7897

リアもフロントと同じくツライチにはほど遠い。フロントより10mmも余裕の約25mm内側に入る。

デザインも豊富で選択肢は広いが
もうちょい攻めてみたくなる出幅

5.5Jサイズ

WHEEL:WORK EMOTION T7R 16×5.5J INSET45
TIRE:POTENZA RE050 165/50-16
COPEN SPEC:ダウンサスのみ(ノーマルキャンバー)

ホイールのドレスアップをするなら、純正サイズからのインチアップという考え方が主流。
400系コペンは16インチを採用するが、17インチ以上のスポーティタイヤがなかなか見つからない。
タイヤにはこだわらないというのであれば選択肢は広がるが、やはり、純正以上のグリップ性能は欲しい。車検のことも考えれば、ホール径は16インチでリム幅はINSET45であれば5.5Jの辺りが無難な線。

試着では、ワークエモーションT7R(16×5.5J)にコペン純正のポテンザタイヤを合わせてみた。04_img_7977

 

フロントフェンダーとのツライチ具合を見てみたところ、5.5J(INSETはノーマルと同じ+45)では約5mm程度内側に入る計測結果となった。06_img_8021

 

リアフェンダーとのツライチ具合の計測は約15mm程度内側。リアをもう少し攻める場合はスペーサーで調整するのもアリ。

純正キャンバーでもほぼピッタリのツライチ!!

6.0Jサイズ

WHEEL:RAYS VOLK RACING TE37 SONIC 16×6.0J INSET42
TIRE:BS ECOPIA PZ-XC 165/50-16
COPEN SPEC:ダウンサスのみ(ノーマルキャンバー)

純正の4.5Jや上の5.5Jを見てもらうと分かると思うが、フェンダーツライチに対してはまだ少し余裕がある。もちろん5.5Jがダメだというワケではなく、チューニング&ドレスアップ中級者以上になってくると、ギリギリを攻めたくなってしまう……という意味でだ。

ここからはフェンダーツライチに対してはミリ単位の攻防になってくる。
試着したのは、レイズの鍛造ホイール・ボルクレーシングTE37ソニック。
スポーツコンパクトカー向けのラインナップで、400コペンといった軽スポーツも視野に入っている。
サイズは16×6.0JでINSET+42。タイヤ銘柄はブリヂストンのエコピアPZ-XC。サイズは純正と同じ195/50R16をチョイスした。04_img_7775

フロントフェンダーとの位置関係は、タイヤのリムガード部分で7~8mm外側に出たが、ホイールのリムとトレッドは収まっている。

06_img_7718

リアフェンダーとのツライチ具合は、最も外側に突出するタイヤのリムガード部分で2~3mm内側に入るが、見た目には超ツライチ。