ナニコレ珍車景「街で偶然見付けたオモシロ写真」10選 (1/2ページ)


よくよく見ると「なんだコリャ」
クルマにまつわる不思議発見!

クルマで移動中。街を歩いているとき。
ふと気付いた、見かけた「なにこれ乗り物写真」を集めてみました。
これはアウトでしょうから、シュールなモノまで。
息抜き、ツッコミはご自身の範囲でお願いします。

1:お尻出ているんですけど・・・DSC_0320

某マンションの駐車場に止めているトヨタ・ウィッシュ。手頃なサイズの5ナンバーミニバンですが、さすがにこの駐車場は狭かった。この奥に止まっているヴィッツはジャストサイズですが。
フロントバンパーを壁に接触させてから、ちょっと数センチ離しているのでしょう。ウィッシュのバンパーはキズだらけです。
その努力も虚しく、車体後部ははみ出ています。しかも、そこは一時停止の停止線上。
車庫証明はどのように取ったのか?これは駐車違反の取り締まりの対象にならないのか?など疑問満載。

2:自衛隊車両もETCカードはキチンと確認しましょうdsc_0310

閉鎖中のゲートの先に停車しているのは、なんと自衛隊の車両。
「ETCカードの確認はしたか?」
「はい!隊長。自分は入れました」
「カードの有効期限は?」
「それは、わかりません」
なんて、やりとりが車内で行われているのでしょうか?
一説には、自衛隊の車両は一般ゲートで料金を手払いするとか。
だとしたら、運転していた自衛官は、マイカーと間違えてETCゲートに進入してしまったのか?

3:嫌がらせとしか思えない鳥フン爆弾

dsc_1110

木の下にクルマを止めると、樹液や鳥の糞が落ちてきて塗装を傷めます。
とくに月極駐車場を契約するとき、木の下のスペースはできれば避けましょう。
それを証明するかのような、衝撃的な糞まみれのクルマ。

それにしても、どれほど大型の鳥なのでしょうか?この山盛りの糞の量は。
明らかに食べ過ぎというか、お腹を壊しているのでは、と鳥にも同情してしまいます。

さすがに、この状況を見たオーナーは、夕方には洗車してキレイにしていました。

ところが、翌日には再び同じ状態に。前日と同じくらいの量で、またしても広範囲に糞がベットリ。
クルマのオーナーは、鳥が近づかないように木にキラキラしたものを吊したり努力をしていましたが、結局はしばらく違うところにクルマを避難させていたようです。

4:こんなクルマの隣には止めたくありません

13716070_1073302806081061_1235019135748256785_n

とあるコインパーキングで見かけた光景。
最初は、トヨタ・プリウスαがトヨタ・エスティマにぶつかっていると思いました。
もう少し状況を説明すると、コインパーキングの前は十分なスペースがあり、真っ直ぐに入庫できます。

それにしても、どちらが先に止めたのでしょうか?
もし、右のトヨタ・プリウスαが先で、後からエスティマが止めたのであれば勇気ある行動というか、無謀としか思えません。

枠に対して斜めに止まっても気にしない、ということは、きっとプリウスαのドライバーはかなり無神経なはず。運転もけっして上手くはないでしょう。
出庫するとき、内輪差を見誤られたら・・・。恐ろしや〜。
「君子危うきに近寄らず」ではありませんが、このようなクルマの隣には駐車してはいけません。

5:ヤンキー眼鏡のような45度信号機

DSC_0150

最近の信号機はLED化されて消費電力が少なくなったのは良いのですが、従来タイプのように発光部が発熱しないため、雪が付着すると溶けなくて信号機の点灯部が判別できないことがあるそうです。

そこで登場したのが写真の薄型タイプ。北海道で発見しました。
点灯する部分に雪が付着しないように斜め下方向に向いています。
斜めにすると背面に雪が積もりやすいのでしょう。
積もっても、その重みにも耐えられるようにしているのか薄型です。さらに背面はフラットな形状になっているのが見て取れます。きっと積もった雪が落ちやすいのでしょう。
厳しい冬季を過ごす知恵と努力ですね。

アナタからの「ナニコレ珍車景」の写真
お待ちしております。

写真とカンタンな状況コメント、お名前(ハンドルネーム可)を添えて、下記までメールをお送りください。
枚数が集まりましたら、Auto Messe Webで掲載します。
automesseweb.mail@gmail.com