エクストレイルを2倍楽しめる『grow』エアロパーツ


前と後ろで表情が異なるデザインが
クルマの魅力をさらにアップさせる

日産エクストレイルは、代を重ねるごとにスタイリッシュSUVへと進化している。
しかし、他メーカーの同系車種に比べると「タフ」とか「力強さ」といったSUVテイストが強いクルマだ。
そのようなキャラクターを活かしつつ、アーバンSUVとしてさらに昇華させるのが『growグロウ』のエアロパーツだ。
このエアロの特徴は、フロントマスクはスタイリッシュなワゴンとかスポーツモデルのようなイメージで、リヤビューはSUVの力強さを感じさせるデザインを採用しているところだ。

x-trail_f_02_%e7%82%b9%e7%81%af

フロントハーフスポイラーは、センター部を前に出すことで重厚感をアップ。
純正では、ABS樹脂部分のままとなっているバンパー両端のリップ部を被うような形状のため、バンパーとボディとの一体感が増している。
バンパーのグリル部には2本のフィンが追加され、シャープなイメージを追加している。
ちなみに、エマージェンシーブレーキパッケージ搭載車は、レーダーがバンパーのグリル部に装着されているのでフィンは1本となる。x-trail_f_up_eb_b

このフロントハーフスポイラーにフィンタイプのフロントグリルを組み合わせることで、エクストレイルのフェイスがワゴンやスポーティカーのようなよりシャープな印象に変身。
アーバンSUVとしてオシャレさがアップするのだ。
もちろん、アラウンドビューモニターにも対応。シャープなイメージを損なわず、グリル内にカメラを装着できるようになっている。x-trail_grille_eb_b

一方、リヤビューはSUVらしさを強調したデザインだ。リヤハーフスポイラーは、ボリューム感をプラスして、センター部を塗り分けるとスキッドプレート風になって、力強さを感じさせるデザインとなっている。x-trail_r_01

フロント同様にワゴンやスポーツモデルのようなシャープなデザインをなぜリヤには採用しなかったのか?
「SUVのリヤまわりは、ノーマル状態からボリューム感とかタフなイメージがあります。ここを無理にシャープなデザインにするとアンバランスになります。前から見たイメージと後ろから見たイメージが異なっても、それぞれがデザインとして成立していることが重要なのです」とgrowの渡辺社長は語る。x-trail_r_up_b

 

純正グリルの質感を高めるアイテムや
目元を引き締めるアイラインを用意

このほか日産のデザインシグネチャーであるフロントのVモーショングリルをドレスアップするアイテムも用意する。
x-trail_g純正グリルのVグリルに被せて両面テープで固定する『カーボングリルモールド』は、装着するだけでレーシーなイメージになるリアルカーボン仕様。
カラーはブラックとシルバーの2色を用意。ブラックを装着するなら、日産マークもマットカラーにすると、グッとフロントマスクが引き締まるそうだ。

アイラインはヘッドライト周りのシャープに魅せるアイテムとして欠かせない。こちらも、エクストレイルのヘッドライトに合わせた専用設計を施している。x-trail_eye-line

貼るだけでピラー周りのイメージを一新するのがピラーパネル。チェック柄から鏡面ヘアライン仕様まで、さまざまなタイプを用意している。これも要チェックだ!
pillar

 

無塗装 単色塗装 塗り分け塗装
FRONT HALF SPOILER ¥43,000 +¥21,000 +\31,000
REAR HALF SPOILER \43,000 +\21,000 +\31,000
FRONT GRILLE \32,800 +\13,000 +\25,000
EYE LINE \13,000 +\8,000
CARBON GRILLE MOLD 【ブラック/シルバー】\38,900

フロント&リヤハーフスポイラーはFRP製。無塗装状態では白ゲルコート仕上げ。塗装した仕様は無塗装にそれぞれの価格をプラスする。価格はすべて税別。

e-Link TEL046-244-3102 http://www.grow-e.co.jp/

【関連記事】