外はスポーティ、中はオーディオというマツダRX-7【クロスファイブ】


タイトな室内空間を巧みに使った
至高のオーディオカー

10月2日に宮城県仙台市のベイエリア「夢メッセみやぎ」にて開催された『クロスファイブ』には、さまざまなドレスアップカーが展示されている。
もちろん、本場アメリカを感じさせるアメ車のドレスアップカーや国産車のUSDMなどが中心となるが、日本を代表するスポーツカーの一台マツダRX-7も登場。迫力のオーディオシステムを搭載してた。
04山形のプロショップ『パワーサウンドM』が手がけたRX-7。
戦闘機のコクピットを思わせる機能的かつタイトな室内空間に、これぞプロの技といったアイディアを駆使してオーディオをインストールする。01
当時としては珍しかったAT車をベースにしながら、カーボン製フルバケットシートや、ダッシュボードへのメーター埋め込みなど、ピュアスポーツとしての素性もシッカリ主張するのはさすが。

02

エクステリアはオールペンと小ぶりなエアロを装着した程度。リヤハッチやドアを開けなければ、普通のチューニングカーと勘違いするほどシンプルだ。リヤスポレスも特徴か。

03

インテリアは赤と黒の2色を使い分ける。
ヘッドユニットやモニターはあくまでノーマル風にインストールしており、スポーツカーらしい硬派な雰囲気を色濃く残す。助手席前に埋め込まれた4連追加メーターもスパルタンだ。

05

圧巻のオーディオインストール術! ユニットはMTXを中心に構成され、リヤラゲッジ/リヤシート/ドアの各部に渡り、“聴く”だけじゃなく“見せる”にも妥協はみられない。06

走り屋テイストを残した部分も多数。前置きインタークーラーは性能アップはもちろん、見た目のカッコよさもメリットだ。ホイールもスポーティなOZレーシングの5スポーク。

(レポート&撮影:佐藤 圭)

【関連記事】