【DIY】ボディを飛び石などから守る「液体フィルムスプレー」


DIYでの施工も簡単な剥がせる塗料
カラーバリエーションも豊富に用意

グリルやモール、フォグランプベース、ホイールなどのワンポイントカラーリングはもちろんのこと、バンパーやヘッドライトの飛び石対策としても使えるのが「エスデザイン」の『液体フィルムスプレー』だ。
水性塗料なので塗装面やプラパーツに対しても害はなく、塗装中、塗装後ともシンナーの臭いはしないので内装パーツにも使用できる。

01色の種類はボディの地の色を生かせる透明タイプのほかにスモークタイプ、そしてレッド、ブルー、ゴールドのキャンディ系も用意されている。

1本の内容量は400ml。カラーバリエーションはグロスクリア、グロススモーク、グロスブラック、マットクリア、グロスレッドクリア、グロスブルークリア、グロスゴールドクリア
【液体フィルムスプレー(水性)】¥3,970。1本の内容量は400ml。
カラーバリエーションはグロスクリア、グロススモーク、グロスブラック、マットクリア、グロスレッドクリア、グロスブルークリア、グロスゴールドクリア

この3色については塗料が垂れやすい面もあるため、塗りやすさを向上させた専用のスプレーノズルを用意。各色ともきれいに仕上げるコツは一気に塗らず、薄く塗り重ねていくことだ。

レッド、ブルー、ゴールドは塗料の性質上、タレが発生しやすい。そこで、タレが起こりにくくなる専用野スプレーノズルを使用するというこだわりを施している
レッド、ブルー、ゴールドは塗料の性質上、タレが発生しやすい。そこで、タレが起こりにくくなる専用野スプレーノズルを使用するというこだわりを施している

そして各工程とも換装にしっかり時間を掛けること。この時期はまだ気温も高めなので乾燥も早い。塗りたいなと思っているなら気温が低くなる前にやっておいたほうがいいだろう。塗布後の耐久性は約1年だ。

高速道路では速度が高いぶん、全走車が拾い上げる小石が勢いよく飛んでくることがある。そういった飛び石傷からフロントバンパーやヘッドライトを保護するのにも便利
高速道路では速度が高いぶん、全走車が拾い上げる小石が勢いよく飛んでくることがある。そういった飛び石傷からフロントバンパーやヘッドライトを保護するのにも便利

ヘッドライトにグロスクリアを塗布後、表面を金属たわしでこすってもフィルムのみに傷がつくだけでレンズは無傷。保護効果は高いようだ(検証実験時のデータで塗る厚み等で結果が変わる)

ティーエスエム TEL0120-995-759 http://sdesign.tsm-group.jp

【関連記事】