派手さは狙わず「51フーガ」でシンプルさを追求する若き20代オーナー (1/3ページ)


一度は諦めた目標に向かって再び歩み出す
2台目の51フーガで街を走れるという悦び

誰もがトヨタやレクサスに走るから、その逆を行くカタチで日産車を選んだオーナー。
今までの日産らしからぬ洗練されたシルエットの51系フーガを、大人も唸らせる上品なシンプルスタイルに仕上げた。
事故で失った1台目では実現できなかった、外装の後期仕様は必見。今はこのフーガで、思いっきり街乗りを楽しんでいる。

2016-10_main01

人気のトヨタ・レクサスのセダンなら、ドレスアップするのは容易いかもしれない。
だが古澤クンが選んだのはまだパーツが少なく、ユーザーがカッコ良くイジった前例もそれほど多くない51フーガ。だからこそ、イジり甲斐がある。
他と被らない自分だけの1台を作りたい彼にとっては、まさに絶好のベース車であった。

「トヨタやレクサスのクルマは、ノーマルでもスタイルがカッコいい。でも日産車はどこかクセがある。それをトヨタ・レクサスにも勝てる、カッコいいクルマにしたかった」。2016-10_main03

日産のセダンなら何でもいいかと思ったらそうではなく、現行型の51フーガを弱冠20歳で購入。
クルマ選びに関しても、他と被りたくない想いが強かった。
しかし現在の51フーガは、オーナーにとって2台目。1台目は昨年6月のイベント帰りに高速道路の側溝に100km/hで突っ込み、ほぼ廃車状態になってしまった。

「原因は遠征疲れでの居眠り。自分は無傷でしたが、クルマはボロボロ。もうドレスアップは辞めようと思いましたが、『もう一度復活しようよ』と周りの人たちに言われて、それがすごく嬉しかったんです。だから僕はここで諦めるわけにはいかないし、戻らないといけないと思いました」。

テールランプだけでなく、トランクリッドまで後期に変更
テールランプだけでなく、トランクリッドまで後期に変更

昨年12月に新たなベース車を用意し、6月のトップスタイル杯でのデビューに向けて急ピッチで製作。クルマの持ち味を生かしたシンプルかつスポーティなフォルムを武器に、部門2位に入賞する好成績を収めた。

「中には『待ってました』と言う人もいて、戻ってきて良かったです」。