撥水加工で汚れにも強い『シートエプロン』


汚れや水分もサッと拭き取れる
手軽に装着できるエプロンタイプ

被せてベルトで固定するだけでシートやシートカバーの汚れ防止になる「リメイク」の『シートエプロン』に待望の撥水仕様が登場。
ダイヤを重ねたキルティング柄の素材に撥水加工が施されているので、飲み物をこぼしたりしても拭き取るだけで対処できる。01

撥水加工が施されているので、雨の日でも服が濡れたままでも気兼ねなく乗り込めるし、濡れたバッグをシートに置くことも余裕。

缶コーヒーをシートの上にこぼしてみた写真。ご覧のように撥水加工が効いているのでシートに染みこまない
缶コーヒーをシートの上にこぼしてみた写真。ご覧のように撥水加工が効いているのでシートに染みこまない

純正シート、シートカバーにはよごれが目立ちやすいベージュや白系の明るい色使いをしているクルマではとくに重宝しそうだ。

カラーは全6色の設定。シートカバーの上部、肩にあたる部分は全色とも黒になる
カラーは全6色の設定。シートカバーの上部、肩にあたる部分は全色とも黒になる

『シートエプロン』のカラーは全6種。赤、青、茶、オレンジ、ピンク、白ですべて肩あたりの部分に黒が入る2トーンとなる。

シート背面の折り返し部はペットボトルなども入る大型ポケットが付く。ミニバン、Kカーのセカンドシート用のリア用シートカバーも用意されている。

【取り付けは超カンタン】

座面と背もたれ部との間にマジックテープ式のアタッチメントを差し込む。これで乗降時のズレを防ぐ

エプロン下部にはベルトが備わっていて、これをシート裏にまわして固定。これもズレを防ぐ工夫。背もたれ部と背面ポケット部をつないで固定するベルトも装備。ポケットがズレたり動いたりすることもない。

通常の1席用とKカーのリヤ席用、ベンチ風なミニバン2列目席用のそれぞれを設定(4980円)。ヘッドレストの位置やシートベルトのキャッチャーは車種ごとに異なる。そのため、どんな位置にも合わせられるようファスナーを搭載して調整できるようにした。

ツインズインターナショナル・リメイク事業部 TEL072-268-8088 http://www.remakecollection.jp

【関連記事】