軽トラックの超絶ドレスアップ!【K.660 JAMBOREE2016】


足まわり加工の極低車高からエアロ装着車まで

10月30日、神奈川県の宮ヶ瀬湖・小中沢Cパーキングにて開催された「K.660 JAMBOREE2016」。
カスタムやドレスアップされたKカー(軽自動車)ならなんでもOKのこのイベントには、軽トラックも大挙して参加していた。
それらの中でも、一際異彩を放っていたものや注目のドレスアップ車を紹介しよう。

ph-01 まずは、タイヤ&ホイールが異常に“寝ている”ホンダ・アクティ トラック。ホイールはSSR・フォーミュラメッシュの15インチで、リム幅はフロント6J、リヤ8.5J。

ph-02

特にリヤのキャンバー角が超絶! だが、疑問はリヤサスペンションがリーフ(板バネ)式のアクティで、どうやってこれを実現したのか?
答えは「アクスルシャフトを斜めにカットし、ブレーキローターなどを溶接し直した(オーナー談)」。かなりの力技に感服!

ph-03

ボディが着地寸前のスズキ・キャリー。フロントサスペンションのストラット加工や、リヤはリーフスプリングとホーシングの組み替えなどでこの低さを実現。荷台には鉄製タイヤハウスも自作で追加している。

ph-04 ph-05

荷台部分に、金属製パイプのケージを組んだホンダ・アクティ トラック。積載性の向上はもちろん、見た目のワイルドさもプラスされている。

ph-06 ph-07

荷台(デッキ)にウイング付きハードカバーをセットしたダイハツ・ハイゼット トラック。フロントバンパーにはエアロパーツもセットして、スポーティさを演出。

ph-08 ph-09

イベント当日はハロウィーン前だったこともあり、荷台をデコレーション! 会場の子供たちに大人気だった。ph-10 ph-11

(レポート&撮影:平塚直樹)

【関連記事】