S30フェアレディZが1000psエンジンを搭載【セマショー】


JPSカラーを彷彿させるボディペイント
Gノーズにオバフェンと定番ドレスアップ

11月1日からアメリカ・ラスベガスで開催された「セマショー」。アフターパーツメーカーの祭典で、さまざまなカスタマイズカーが登場していた。
そんなイベントにアメリカのトーヨータイヤがブース出展。そこには日産フェアレディZの初代モデルS30型が展示されていた。スペック表を見ると、なんと1000psのエンジンをスワップして搭載しているという。

004_dsc_2924

トーヨータイヤのプロクセスT1スポーツを装着するS30型フェアレディZは、1974年式のダットサン260Zだ。アメリカ仕様ゆえダットサンの名前となり、日本では販売されなかった2.6リットルL26型エンジンを搭載する。005_dsc_2927

しかし、このクルマにはトヨタ製3リットル直6の名機「1JZ型エンジン」を搭載している。
エンジンルームは撮影できなかったが、スペック表を見るとアペックス製のスペシャルタービンを搭載。エキマニなどスペシャルパーツで構成され1000psを発揮している模様だ。そのパワーを受け止めるのは小倉クラッチとのこと。006_dsc_2928

エクステリアは、JDMのGノーズを装着。ワークスフェンダー、フロントリップ、3ピースリヤスポイラーは日本のボディパーツメーカー「丸源商会」だ。
ブラックのボディに金のストライプは、かつてのF1マシンにもあった「JPSカラー」を彷彿させる。007_dsc_2943タイヤサイズは、フロント255/35R18、リヤは285/35R18。ホイールはワークのマイスターM1。フロントは11Jでインセットは-38、リヤは12.5Jのインセット-31。超ディープなリムを採用する。003_dsc_2923

(撮影:成瀬陽介)

【関連記事】

【関連記事】