これぞアメ車!マッスルエンジン搭載車4選【スーパーアメリカンフェスティバル2016】


 

チューンドエンジン搭載車など
1960年代〜現代のスポーティアメ車

11月3日、静岡県・富士スピードウエイで開催された「スーパーアメリカンフェスティバル2016」。
アメ車ならなんでもOKのカーショーでは、1960年代〜1970年代に人気を博し、現在もリバイバルブームとなっているアメリカンマッスルカーも注目だった。
大排気量エンジンを搭載した、アメリカ的スポーツカーをチェックしてみよう。

ph-01上の1979年式シボレー・カマロは、当時メーカーのGM(ジェネラルモータース)自身がワークスチューンした、レース用エンジン搭載の怪物マシンだ。

ph-02

もともとは454キュービックインチ(排気量7200cc)のショートストロークエンジンだったが、街乗りの載りやすさを向上するためロングストローク化。
494キュービックインチ(排気量8200cc)に変更している。また、フース製20インチホイールによる、足元のドレスアップも見所だ。

ph-03

1968年式シボレー・カマロ。こちらはGM製チューニングパーツを装備した、388キュービックインチ(排気量6500cc)のパフォーマンスエンジンを搭載。ph-04ph-05リアシートのトレイに搭載したアメリカ製スピーカーのキッカーなどで、室内サウンドも充実させている。

ph-06

続いては、現代によみがえったマッスルカー。2014年式のフォード・マスタングだ。
初代モデルを意識したフォルムが、ファン心理をしっかりとつかんでいる。

ph-07搭載エンジンは、排気量5000ccのV8DOHCで、最高出力426psの圧巻スポーツカーだ! ph-08

2013年式のダッジ・チャンレジャー。SRT8コアエディションというグレードをフロントバンパーへのフォグランプ追加などで上級バージョンのSRT8仕様に変更。
シートをブラックレザーに張り替えるなどで高級感もアップしている。

ph-09 ph-10

(レポート&撮影:平塚直樹)

【関連記事】