軽さと高剛性を両立するトムス『TH01』ホイール


二つのV字カットが織りなす光と影
Wフェイスの造形美をもつ高機能ホイール

光を反射し、精悍な表情を浮かべるダイアカットのV字スポーク。
それに寄り添うように、支えるように、間には漆黒のV字スポークが影を潜める。
「トムス」の新作ホイール『TH01』は、異なる二つのスポークを組み合わせた“ダブルフェイス”デザインが特徴だ。main

「ダイアカットのスポークは、ナットホールを周り込んで直線的なV字で構成。キレのあるラインでシャープな雰囲気を演出します。一方ブラックアウトされた方のスポークは、やや内側にカーブを描いて安定感に寄与。走りにおいてはキレも安定感も不可欠な要素で、それをデザインとツートンカラーで表現しました」とトムスの高橋サン。02

ダイアカットとブラック。異なる形状と色のスポークの組み合わせだが、一歩引いて見れば軽やかな10交点メッシュのように見える。

トムスならではの哲学を映したビジュアルはさすがだが、機能面にもチューナーとしての、レーシングチームとしてのプライドが宿る。

フローフォーミング製法で
鍛造ホイールより0.5kgも軽量

「リムを加圧成形するフローフォーミング製法を採用しています。それにより鋳造構造ながらも高強度で、かつ鍛造並の軽量ホイールに仕上がっています」。04

スポーク先端はリムエンドにそっと重なる。その裏は肉抜きされ、奥のダイアカット面との高低差をアピール。立体感も上々だ。

そのフローフォーミング製法の効果は凄まじく、同社の鍛造ホイールよりも0.5kgほど軽いという逆転現象も発生。
もちろん、限界での強度には鍛造に分があるものの、TH01がいかに優れた機能パーツであるかを物語る、一つの証明と言えるのではないか。03センターはすり鉢状にえぐった形状。アール面に深い陰影が生まれることで、キャップのトムスロゴが際立って見える。

サイズ INSET P.C.D. HOLE 税抜価格
15 x 5.5J 43 100 4 ¥21,000
17 x 7.0J 50 100 5 ¥28,000
18 x 7.0J 50 100 5 ¥32,000
18 x 7.0J 48 114.3 5 ¥32,000
18 x 8.0J 42 114.3 5 ¥34,000
19 x 8.0J 35 114.3 5 ¥42,000
19 x 8.0J 42 114.3 5 ¥42,000
19 x 8.0J 48 114.3 5 ¥42,000
19 x 9.0J 40 114.3 5 ¥44,000
20 x 8.5J 35 114.3 5 ¥50,000
20 x 8.5J 42 114.3 5 ¥50,000
20 x 8.5J 45 114.3 5 ¥50,000
20 x 9.5J 40 114.3 5 ¥52,000

TOM’S TEL0120-846-036 http://www.tomsracing.co.jp

(レポート:VIPスタイル編集部)

 

【関連記事】