バンパー無加工でデイライトを追加できる!


ハイビームの光量を減らして
アメリカ仕様車のようにデイライト化

アメリカで販売されるクルマには、純正でハイビームを減光してデイライト化して使用できる機能が装備されている。
この機能を日本仕様車に追加するためのアイテムが「コムエンタープライズ」から発売されているCEP『ハイビームデイライトキット』だ。01

『ハイビームデイライトキット』を装着すると、ACCをオンにするとハイビームライトが減光した状態で点灯する。04

05そしてヘッドライトスイッチをポジションにするとさらに減光するというもの。0607点灯時の明るさはメインユニットにあるディップスイッチで1%~30%の間で調整可能。また、点灯タイミングも任意で設定できる。さらに点灯法もパッと点くか、ジワッと点くかも設定できるのだ。03このキットを付けても純正同様のライトの切り替えは可能で、ライトスイッチをハイビームにすれば標準状態のハイビームに切り替わる。09付属のスイッチを取り付けて、それを押せばキットの機能がオフになるのでノーマル復帰となる。
スイッチをもう1回押せば機能がオンになる。
また、ライトスイッチをハイビームにすれば標準状態と同様にハイビームが点灯する。
08サイドブレーキスイッチと配線し、連動させるとサイドを引いているときはデイライトが消灯するようにもできる。

10

バンパーへの穴開け加工などを必要としない非常に魅力的なデイライトシステムだが、適合するのはハイビーム側がハロゲンランプのライトのみ。
ハイビームがHIDの車両は残念だが取り付け不可。LEDライトの場合は種類によっては適合するので、詳しくはHPから確認して欲しい。

『ハイビームデイライトキット』¥4,536

02

コムエンタープライズ TEL0792302323 http://cepinc.jp/

【関連記事】