鮮烈な真紅マシニングラインの1ピースホイール『T7R紅(くれない)』


シンプルな10スポークデザイン
マシニングを施しレッドクリアで仕上げる

「ワーク」が国産スポーツカーをメインターゲットに据えるのが『ワークエモーション』。
見るからにスポーティなデザインは、幅広い車種のオーナーたちの心も掴み、特に主要モデルである『CR極』や『CR 2P』を装着させたセダンを目にする。
今回紹介するのは、シリーズ最新作の1ピースホイール『ワークエモーションT7R』に追加ラインナップされた『T7R紅(クレナイ)』。main

最大の特徴は真紅のラインで、イカツい黒ディスクのエッジ部分を赤く染め上げ、ご覧の通り、鮮烈なほどに走りのムードを高めている。

しかも、赤いラインは単なるベタ塗りではなく、わざわざマシニングを施し、レッドクリアでフィニッシュさせたというこだわりよう。ゆえに、あえて言うまでもなく、その質感は高い。

デザインはオーソドックスな7本スポーク。それぞれの足はリムエンドにまで達し、実サイズ以上の大口径感を味わえるのもポイントだ。
センター部分は軽量化を狙って大胆に落とし込んでいるのだが、この造形も実にスポーティでカッコイイ。02マシニングしたエッジ部分にレッドクリアを色付け、美しい真紅のラインを描く。黒×赤のコントラストは極上で、見た瞬間に走りを予感させる。01センターキャップは別売りで、写真のレッドの他に、シルバーとブラックもラインナップしている。

スポーツカーがメインターゲットだけあって、『T7R紅』は機能性の高さもウリ。17〜18インチは「WFT」という特別製法が施され、高剛性と軽量化を両立させているのだ。

デザインと製法、そして、色。『T7R紅』は、その全てで存分にスポーティ感を味わえる。03

バルブはブラックを標準装備。別売りで写真のレッドの他、ブルーも用意している。さすがワーク。細部に至るまで、こだわりが半端じゃない。

『ワークエモーション紅』サイズラインアップ

サイズ 価格
(1本・税別)
18×7.5J ¥56,000
18×8.5J ¥54,000
18×7.5J ¥52,000
17×7.0J ¥48,000
16×6.5J ¥40,000
16×5.5J ¥38,000
15×5.0J ¥34,000

『ワークエモーションT7Rバリエーション』
15×5.0J〜19×10.5J ¥34,000〜¥57,000(1本・税別)

WORK TEL06-6746-2859(西日本) TEL048-688-7555(東日本)
http://www.work-wheels.co.jp

(レポート:VIPスタイル編集部)

【関連記事】