シンプルなフォルムにこだわるセダン・ドレスアップ8選【ブラックパール杯】 (1/2ページ)


過激化するVIPセダンに新潮流?
シンプルフォルムに美を求める

11月20日に大阪府りんくう公園予定地で開催された「ブラックパール杯」は、じつに多彩なクルマが参加していた。
過激なモディファイを施したクルマから、まるで純正かと見違えてしまうまとまり感のあるシンプルなデザインのエアロを装着するクルマまで。
そんなシンプルなフォルムながら細部にこだわりのカスタマイズを施したセダン8台をピックアップ。

純VIPエグゼでまとめた統一感

_dsc6975

まさにシンプル・イズ・ベストを代表するようなレクサスLS。_dsc6978ビシッとエイムゲインの純VIPエグゼを纏い、ボンネット、ルーフ、リヤのスポイラーまですべて装着。メタリック系ブラックのボディが妖艶なフォルムを演出する。_dsc6976ホイールは、21インチのBBS製LM-Rプレミアムのマッドブラックリミテッドとこれまた豪華なチョイスだ。大径ドリルド2ピースブレーキローターで制動力も強化されている。

輸入スポーツカーのバンパーを装着
_dsc6878

ヘッドライトやラジエータグリルのブラック化、シルバーのレイズHOMURAでシックな出で立ちのトヨタ18系クラウン。
ところが、細部をよく見ると驚きの工夫が施されている。その象徴がフロントバンパーだ。ポルシェ997型911の純正バンパーとディメンションファクトリーをニコイチにしているそうだ。
上部がポルシェのバンパーで、911のコーナーレンズが残されている。ナンバープレートのベースはメルセデス・ベンツAMGのものだという。そのフィッティングは秀逸。ワンオフのカナードもビシッと決まっている。
_dsc6879レイズHOMURAのサイズは9.5J×20。
_dsc6880サイドとリヤバンパーはブラックパールコンプリートを装着する。

純正フォルムを活かしたワイドフェンダー化

_dsc6851

エアサスでキッチリ下げられた車高がカッコイイ、トヨタ18系クラウン。
ホイールはKブレイクの19インチ。サイズはフロントは10.5J、リヤは11.5J。
_dsc6852

ヘッドライトはAFSを廃してLEDでウインカーに変更。しかも流れるタイプだ。純正のウインカー位置にはLEDをインストールする。

_dsc6853

前後のフェンダーは片側30mmワイド化。エアロは、フロントがモードパルファム、リヤはKブレイク。どちらもシンプルなデザインだが、ノーマルにはできない存在感を演出する。

下げすぎず派手すぎない絶妙バランス

_dsc6960

アーム類はノーマルのまま車高調整式サスでローダウン化するトヨタ30系セルシオ。リニアスポーツ・フォルゲートの20インチを装着。フロントは9J、リヤは10J。
下げすぎずに日常使いも考慮したセッティングを施す。
_dsc6964エアロは、フロントはモードパルファム、サイドとリヤはJOBデザインを装着する。しかし、フェンダーは一切の加工もしていないフルノーマル。ここはオーナーのこだわり。
_dsc6962トランクには、ロックフォードのサブウーファーをエンクロージャーボックスにセット。キッカーのモノラルアンプで駆動する。