「アルトワークス vs S660 vs コペン」からどれを選ぶ?


新御三家Kスポーツカーから
選ぶポイントを分析!

かつて『ABC』と呼ばれたKスポーツカー御三家である、マツダAZ-1、ホンダ・ビート、スズキ・カプチーノの3車種。
時代は巡って新御三家ともいうべきスズキ・アルトワークス、ホンダS660、ダイハツ・コペンが揃い踏みとなった。
いずれも異なる魅力があり、選ぶ側としては嬉しい悲鳴。チューニングパーツもひととおり出まわり、サーキットで走る姿を見る機会も増えきている。copen_2

新御三家Kスポーツカー各車の魅力とは

まずは最後発のスズキ・アルトワークスからチェックしていこう。
ホンダS660とダイハツ・コペンの2車種とは異なり唯一の5ドアボディだ。
ということで最大の武器は“日常性”だろう。リヤシートの居住性も高く積載量も多い。ファミリーカーとしても十分に使うことができる。01

さらに価格は最上級グレードで161.8万円と、ライバルに比べて大きなアドバンテージを誇っており、走りにもっとも影響する車重もダントツで軽い。FF(前輪駆動)の5速MTなら670kgしかなく、NAエンジンを積む先代モデルのHA25型より20kgも軽量ということになる。

続いてピュアスポーツのホンダS660。
戦闘機のように洗練されたデザインのコクピットやミッドシップならではの運動性能など、スポーツマインドを刺激することにかけては間違いなくトップだろう。s660_2リヤドライブ(後輪駆動)というのも3車種のなかで唯一だし、オープンにしたときの爽快感と快適性は何物にも代えがたい。
ただし価格は最安でも198万円。荷物を積むスペースがほとんどないことも含めると、用途はセカンドカー限定だろう。もっとも、こうした“割り切り”もS660の大きな魅力には違いない。

最後は2代目となるコペン。樹脂製の外板を使うことで各パーツを着脱できる構造にし、ローブ/エクスプレイ/セロと3つのスタイルを楽しむことができる。copen_150618014

トランク容量などタウンユースでの使い勝手も初代より向上しており、オープンスポーツでありながら短期間の旅行くらいなら余裕でこなす。
難点は発売から2年半が過ぎても、チューニングがあまり進んでいないこと。スピードリミッターの解除もフルコンに頼るしかなく、サーキット走行を楽しむにはちょっと手間がかかる。

同じKスポーツカーでも個性はバラバラ。
本格的なサーキット走行をこなしつつ、ファミリーカーとしても使うならアルトワークス一択だろう。alto_2遊び用と割り切るならオープンのS660もしくはコペンだが、スポーツ走行がメインであれば街乗りの不便さはガマンしてもS660を選ぶといいだろう。02

ワインディングを軽く流したり、仲間とのツーリングが多い人はコペン。自分のライフスタイルを客観的に考えれば、買っても後悔しないスポーツKカーが見えてくる!copen_2

スペックから3台のKスポーツをチェック!

車名 車重
(kg)
パワー&トルク パワーウェイト
レシオ
(kg/ps)
ホイールベース(mm) jc08モード燃費
(km/L)
車両本体価格
(万円)
アルトワークス
(2WD/5MT)
670 64ps/
10.2kg・m
 10.5  2460  23 151
S660
(ベータ/5MT)
830 64ps/
10.6kg・m
13 2285 21.2 198
コペン
(エクスプレイ/5MT)
850 64ps/
9.4kg・m
13.3 2230 22.2 187.4

もっともベーシックなグレート同士で比較してみた。
顕著な差がみられるのは車重と価格で、アルトワークスが大きなアドバンテージをキープ。
とはいえ大衆車がベースであるためでもある。im0000003841

純粋にスポーツカーとして設計されたS660とコペンは、とくに価格で不利になっているのは当然。
この3台は最高出力こそまったく同じ数値だけど、トルクは1kg・m以上の差がある点にも注目したい。4150330-s660_001h
ホイールベースは逆にアルトワークスがダントツで長い。高速コーナーで安定感があると言うこともできるが、キビキビとした動きではS660とコペンに一日の長があるといえるだろう。copen_140619001(レポート:佐藤 圭)

【関連記事】