超美車!3.1Lエンジンを搭載するハコスカ2台【ニスモフェスティバル2016】


12月11日に静岡県の富士スピードウェイで開催された「ニスモフェスティバル」に、超美車と呼ぶにふさわしいコンディションの2ドアと4ドアのハコスカ(日産C10型スカイライン)2台展示されていた。
通称ハコスカ、C10型スカイラインをフルレストア。しかし、オリジナルにこだわるわけではなく、セミワークス・オーバーフェンダー、エアアウトレットダクト付きボンネット、チンスポイラーなど、1970年代のレースカーのイメージを踏まえつつ現代風に仕上げられている。
搭載するエンジンは、2.8リットルL型を3.1リットルに排気量アップしているそうだ。

このクルマのオーナーは、現在もサーキット走行をメインに活躍しているそうで、車内はロールバーなどスパルタンな出で立ち。

もう1台の4ドアのハコスカは、ゴールドに塗装。ボンネットバルジを装着。

こちらも3.1リットルにチューニングされたL型エンジンを搭載する。 このクルマのオーナーもサーキット走行をメインにしているので、ロールゲージやバケットシートを装着している。

4ドアのハコスカGT-Rでも装着していなかったオーバーフェンダーをセット。このくらいの出幅だとワークスタイプとはいわないそうだ。

BILS http://www.bils.jp/

【関連記事】