「日産」はスカイラインなど14台を東京オートサロン2017に出展! (1/2ページ)


スカイラインが生誕60周年
カーボンエアロ仕様を発表

「日産自動車」が2017年1月13〜15日に千葉県・幕張メッセで開催される「東京オートサロン2017」に出展する車両14台を発表した。
もちろん、関連会社のオーテックジャパンやニスモのデモカーや市販モデルもこの14台に含まれている。

注目は、1957年の初代モデル発表から途切れることなく販売を続けているスカイライン。
2017年で生誕60周年を迎え、カーボンパーツエアロなどで武装した『スカイライン プレミアムスポーツコンセプト』を同イベントで登場させる。

スカイライン プレミアムスポーツコンセプト(参考出品)

エクステリアは、クロームメッキをダーク系に統一。マットなボディカラーとのコントラストを高める。また専用エグゾーストシステムを装備して、精悍なリヤビューを実現する。

セレナ・ハイウエイスター プレミアムスポーツコンセプト(参考出品)

このほかセレナ・ハイウェイスター『プレミアムスポーツコンセプト』も出展。ブラックのボディカラーに、各部にブロンズカラーのアクセントを効かせている。

GT-R MY17 プレミアムエディション2007年のGT-R登場から10年。2017年モデル(MY17)は、プレミアムスポーツとしての資質をアップ。

ノート e-POWER モード プレミアムエンジンで発電してモーターで走行するノートe-POWERをオーテックジャパンが専用デザインのフロントマスクなどメッキ系パーツで優美に仕上げた。足まわりやボディも強化され、コンピュータもチューニングされている。

セレナ・ライダー

今やオーテックジャパンの『ライダー」は、メタルフィニッシュのフロントマスクなど厳ついイメージが定番となっている。ブルーホールLEDを装着する。