珍車・お宝車をベースにする「キッチンカー」がオモシロイ! (1/2ページ)


屋外イベントで活躍するフードトラック
レア車やこだわりのクルマが使われている

屋外イベントなどでこだわりの食材などで、来場者の舌を楽しませ、お腹を満たしてくれるフードトラック。キッチンカーとも呼ばれるこのクルマは、コンロなどの調理道具を荷台やラゲッジに積んで、そのほとんどが横のパネルを跳ね上げて、お客さんに食べ物や飲み物を提供するスタイルを採っている。
ところが、クルマを良く見て回るとドレスアップしていたり、車種選びなどオーナーのこだわりを発見できる。今回は、1月8日に大阪市で開催された「ファンキーモーターカーニバル」で見付けたキッチンカーを紹介!

宅急便のクルマをキッチンカーに

キッチンカーの定番ともいえるのが、トヨタQD(クイックデリバリー)だ。すでに生産は終了しているが、その成り立ちがオモシロイ。
じつは、このクルマは宅急便の「ヤマト運輸(現ヤマトホールディングス)」がトヨタに「車内で腰をかがめずに作業できる天井が高いクルマがほしい」と依頼から開発され、1982年に登場した。
確かに立って調理をするキッチンカーとして重宝されるだけの資質はある。

キッチンカーとして保健所の指導として運転席とキッチンは仕切りをしないとならないそうだ。
そのためノーマルのクイックデリバリーには装着されない、トビラが設けられている。

すでに生産が終了しているクルマであると同時に、トヨタがヤマト運輸に向けて作ったため、中古車市場に出回っている個体の走行距離はかなり多いそうだ。
コンディションがよいクルマが少ないので、オーナーは今のキッチンカーを大切に乗り続けると言う。
写真はクイックデリバリーだが、このほかハイエースクイックデリバリーもあったようだ。

ワーゲンバスにフェイススワップ

軽ワンボックや軽トラックのフロントマスクをフォルクスワーゲン・タイプ2(通称ワーゲンバス)に変更するキットの存在は知っていたが、登録車サイズまであるとは。
じつは、このブルーのキッチンカーのオーナーがワンオフでショップに依頼したのが始まりらしい。
ベースになっているのは日産キャラバン。以前、本物のワーゲンバスを所有していたこともあり、あえてプレスラインにピンストライプやショップのシンボルマークを入れるくらいにとどめているそうだ。
リヤまわりもウインカーやウインドウのデザインが、いかもにって感じだ。
こちらの紺のクルマは、フロントにVWマークをバッチリ。思わず本物かと思わせるほど、雰囲気は十分に伝わってくる。これもキャラバンベースだ。

ちょっとフロントマスクが車体に対して大きいかな?と思ったら、こちらはバネットベース。ホイールキャップがレトロな雰囲気を出している。