セダンの王者「レクサスLS」新型モデル登場! (1/2ページ)


低くワイドなクーペフォルムを採用
史上最強のパワーユニットを搭載する

ついに新型レクサスLSがアメリカ・デトロイトモーターショーで世界初披露された。
2006年に発表された4代目レクサスLSの登場から11年。世界に新たな高級車の基準を作り上げた1989年に登場した初代モデルより連綿と続く「滑らかでパワフルな走り、圧倒的な静粛性・快適性」といったDNAは、この新型レクサスLSでも継承しつつクーペシルエットを両立。さらに先進技術を投入し、フラッグシップモデルとしての大きな変革を果たしている。

新開発GA-Lプラットフォームを採用することで、低く構えたスタイリングを実現。
6ライトキャビンデザインによる斬新なクーペシルエットは、フロントからリヤまで抜けるシャープな基本立体から、フェンダーがダイナミックに突き出す構成となっている。ボディカラーには、レクサス独自の塗装技術を進化させ、金属を削り出したような印象を与える新規開発色「マンガンラスター」を採用する。これによって抑揚感のあるフォルムを実現する。

ボディサイズは全長×全幅×全高=5235×1900×1450mm。ホイールベースは3125mm。
現在日本国内で販売されているロングホイールベースの「L」のボディサイズは、5210×1875×1475mm。ホイールベースは3090mm。

そのスペックを比較すると、新型LSはホイールベースを35mm延長しているが全長は+25mm。全幅は25mm広く、全高は75mmも低い。
この数値からも、いかに新型がワイド&ローなクーペフォルムを実現しているかがわかる。