4種のメルセデスベンツ・スタイルを提案【東京オートサロン2017】 (1/2ページ)


大人のメルセデス・ベンツを作り上げる
ボディキットブランド「Piecha(ピーチャ)」

千葉県・幕張メッセで1月12〜15日に開催される「東京オートサロン」で欧州車のカスタマイズを得意とする「ユーロ」は、4台のメルセデスベンツを出展する。
それぞれ、個性的なスタイル。メルセデス・ベンツのカスタマイズの参考にできるクルマばかりだ。

上の写真のメルセデス・ベンツC63Sは、ドイツのパーツメーカー「ピーチャ(Piecha)」のフロントはカップウイングにリップ、トランクスポイラー、ピーチャの20インチホイールを装着。
ホイールは、フロントが8.5J、リヤは10Jだ。トランクスポイラーは3ピースタイプ。ナチュラルなラインを描きつつ存在感を主張するデザイン。

AMG GTSはピーチャのボディキットを装着。フロントのカップウイング、リップ、サイドスカート、リヤスカートで構成されている。 いずれもさりげないデザインながらも、光の角度でカーボン目が浮き上がり大人なフォルムを実現する。 ホイールはプロドライブの20インチ。
リヤスカートは、ディフューザー形状で空力性能にも貢献する。