大人に似合うスポーツセダン「WRX S4 STI Sport」登場!【東京オートサロン2017】


上質なシートやエクステリアパーツ
乗り心地とハンドリングを高次元で両立

東京オートサロン2017(千葉県幕張メッセ)におけるスバルブースの目玉は、STI Sportの新たな展開といっていい。
『スバル WRX S4 STI Sport コンセプト』は、国産きってのスポーツセダンである「スバル」WRX S4をベースにしながら、STIの手によってさらなるバージョンアップを果たしたコンセプトモデルだ。
同時に発表された『スバル BRZ STI Sport コンセプト』と同じく、STI Sportブランドの一角を担うことを狙って開発されている。

ベースとなっているWRX S4は卓越した走りに定評のあるモデルだが、『WRX S4 STI Sport コンセプト』ではとくに足回りを中心としたカスタマイズが施される。
フロントにはビルシュタイン製ダンパー&STI製コイルスプリング、さらにSTI製フレキシブルロードスティフナーを装備。リヤはSTIコイルスプリングのみとなるが、持ち味であるスポーツ性を向上させながら、上質な運転感覚の実現を狙っている。

WRXにはSTIというスポーツ性に特化したモデルが存在する。
そのため『WRX S4 STI Sport コンセプト』はスポーツ性だけを追求せず、ハンドリングをはじめとした乗り味は上質志向とするなど、WRX STIとの棲み分けもしっかりと考慮されている。
運転感覚はもちろんだが、ボルドーを基調としたインテリアの雰囲気なども上質さの演出にひと役かっている。2016年に発売され人気を集めているレヴォーグSTI Sportに通じる仕上がりをみせる。

エクステリアはSTI製アンダースポイラー(フロント/サイド/リヤサイド)など、既存のSTIパーツを装備。控えめながらもオリジナリティとスポーツ性をしっかりと主張している。

コンセプトモデルではあるが、採用されているアイテムなどを見るとBRZ STI Sport コンセプトと同様に、十分に市販レベルにあるといっていい。
発売されればWRX S4のトップグレードに位置づけられるが、それにふさわしいクオリティと品格が漂う。まさに上質かつスタイリッシュな大人のスポーツセダンといえよう。

【関連記事】