インパルが10万円以下の 新エアロブランド『J IMPUL』を発進!【東京オートサロン2017】


日産セレナ、エクストレイル、NV350キャラバン
からスタートした新ブランドエアロキット

元レーシングドライバーの星野一義氏がプロデュースするパーツメーカー、ご存じ「ホシノインパル」が、東京オートサロン2017(千葉県・幕張メッセ)で新エアロブランド『J IMPUL(ジェイ・インパル)』を発表。「セレナ」、「エクストレイル」、「NV350キャラバン」のニッサン3モデルをベースとしたデモカーを展示している。
その特徴のひとつが、クローム仕上げされているところ。

星野一義代表

当日並んだデモカーは、まず「NV350キャラバン」。フロントにはバンパースポイラーなどを装着。

リヤにはクロームベゼルやリフレクタークロームベゼルをセット。

「エクストレイル」には、フロントにクロームスポイラー。

リヤにはクロームフォグベゼルをセット。

こちらは「セレナ」。フロント部にバンパースポイラーとフォグベゼルを装着。

リヤ部にはゲートクロームベゼルなどを装着している。

新たに登場した『J IMPUL』は、主に全国の日産ディーラーでの販売を主軸とし、新車購入ユーザーをターゲットとする同社の新戦略ブランドだ。

コンセプトは

1,ロープライス
2,簡単装着
3,純正のイメージを一新するデザイン

の3つ。特に、価格についてはかなり意欲的で、
「まだ未定ですが、前後セットで10万円以下になる予定です」
と営業部・富永次長はいう。

また、装着もノーマルバンパーなどにポン付けするだけと簡単。
それでいて、特にフェイスデザインがガラリと変わるスタイリッシュなデザインを採用。1セットで価格・装着・スタイルの3つのメリットがある、まさに「欲張りエアロ」といえよう。

ちなみに、今回ショーカーに装着したパーツはすべてクロームだが、市販モデルではメッキ仕様にすることも検討中。また、今後は「ノート」用エアロもラインナップに加わる予定だ。

あの『インパル』製エアロがこの超ロープライスで買える新ブランド「Jインパル」。ファンはもちろん、日産車のカスタマイズを考えている人には注目のブランドになること間違いなし!

【関連記事】