極低&ワイド「LS460」とスピンドルフェイス「ハイエース」【東京オートサロン2017】


Kブレイクとリバティウォークがコラボ
レクサスLSをマッシブにするオバフェン

VIP界の重鎮「K-BREAK(Kブレイク)」が、なんと族車スタイルの「レクサスLS460」を東京オートサロン2017(千葉県・幕張メッセ)で発表!
また、ワンボックスを中心とするメーカー”BEECAS”からは、新ブランド『F200L』を発表した。

まずは、愛知のプロショップLIBERTY WALKとのコラボレーションにより生まれた新族車スタイルの「LS460」。

エアロのベースはK-BREAKの人気エアロJDM COMPLETE。それに前後フェンダーを超ワイド化して押し出し感をプラス。高級車を見事に族車風にアレンジした意欲作だ。

一方、こちらはBEECASの新ブランド『F200L』からリリースする第一弾。
「ハイエース」用新エアロ装着車だ。

注目はフロントバンパー。レクサスでお馴染みスピンドル風フェイスを演出するグリルなどが超カッコイイ!

リヤバンパーやサイドステップも、純正フォルムを活かしつつ、よりインパクトをアップするデザイン。

【関連記事】