「サード」が86&BRZ用『4連スロットル』を新開発【東京オーロサロン2017】


絶対パワーよりフィールアップ
NAらしい高レスポンスを実現

トヨタ86、スバル BRZは、国産スポーツカーのなかでもチューニング&カスタマイズのベース車両として高い人気を維持している。そのためパーツはもちろんチューニングメニューもじつに豊富だ。

エアロパーツをはじめ各種機能部品など、さまざまなパーツをリリースしている「サード」は、今回の東京オートサロン2017で86&BRZオーナーに向けた新製品を発表。そのなかでも注目なのが『86/BRZ用 4連スロットルキット』だ。

『86/BRZ用 4連スロットルキット』は、パワーよりもNA(自然吸気)エンジンのよさを存分に味わいたい、というオーナー向けのアイテムとして開発された。
サードではボルトオンターボキット(¥640,000)をラインナップしているが、4連スロットルキットは初の試みとなる。展示されていた製品は、試作段階ということだったが、実走行によるテストを済ませるなどほぼ完成品に近い状態だという。実走行で得られたフィーリングは、「パワーではターボキットに及びませんが、高回転行きでの伸びやアクセル操作に対するレスポンスは格段にアップします」とのこと。
高回転域までスーッと吹き上がるNAならではのフィーリングが増幅することは間違いない。
気持ちよさというフィーリング面での効果は、ターボ化以上のものが得られるはずだ。

ノーマルコンピューターのままでも十分に効果を得られるというが、コンピューターをセッティングすることで4連スロットルキットのよさをもっと引き出せるという。
例えば、サーキットなどで走行性能をさらに追求したいと考えるオーナーに向けて、コンピューターとのセットも検討しているそうだ。

正式な発売は夏頃を予定。ちなみにディーラーなどでの販売・装着を想定していることから、性能はもちろん、クオリティや信頼性も抜群といえる。

【関連記事】