BMW M2用のエアロから機能パーツまでを一挙提案【東京オートサロン2017】


本物志向のオーナーを満足させる
効果を発揮するアイテムのみをリリース

BMWをメインに魅力あふれるカスタム&チューニングパーツを展開している「3D Design」は、1月13〜15日に千葉県幕張メッセで開催された「東京オートサロン2017」で、BMW M2のチューニング&カスタムを提案。本物志向のオーナーも十分に納得できる、3D Designらしいアイテムが揃う。

エクステリアは、フロントリップスポイラー/カナード/サイドスカート/リヤディフューザー/トランクスポイラー/レーシングウィングといったアイテムでレーシーな装いが目を引く。

足まわりは20段減衰力調整式車高調整式サスペンションキットをセットし、ホイールは20インチ「TYPE3 FORGED」を装着。
街乗りはもちろん、サーキットまで楽しめることを念頭においた作り込みがなされている。
BMW M2そのものが、もともと高い完成度を誇ることから、パーツ開発はもちろん、各部のセッティングは決して簡単なものではないという。
それでも3D Designでは数々のトライ&エラーを繰り返すことで、M2ならではのドライブする楽しさをバージョンアップできるアイテムを作り上げてきた。

そのなかでも吸・排気系パーツは目玉のひとつ。
パワーとフィーリングという要素を巧みに調和させるべく開発された逸品だ。『エアインテークキット』は、純正のボックスを活かしながら、パイピングをオリジナルのものへと変更。
サーキット走行で流速やパワーチェックを行い、確実に効果が得られることを実証している。 マフラーもサウンド、フィーリングともに良好で、M2の気持ちよさがさらに増幅できることうけあいだ。

M2用のパーツ開発においては、デモカーに装着したもの以外にもさまざまなチャレンジを行ったという。
そのなかには「効果が得られないアイテムもあった」そうだ。
つまり、現状M2用としてラインナップされているアイテムは、3D Designが行ってきた厳格なテストの結果、確実に効果が得られるアイテムであるということがいえる。M2をオーダーし、現在納車を待っているというオーナーは少なくないはず。
3D Designでは今後も「愛車を待つオーナーがいろいろと選べるようなアイテムを用意していていきたい」とのこと。M2だけでなく、M4もくふめBMW車ならではの“駆けぬける歓び”をグレードアップできるカスタム&チューニングメニューが増えることに期待したい。

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by