学生たちが甦らせた昭和の名車「KP61スターレット」【東京オートサロン2017】


FRPからメタルカスタムへと進化
質感が一気に高まってきた

近年のカスタムカーショーで注目したいのが自動車系専門学校の学生が製作したカスタムカー展示だ。
今年の東京オートサロンにも、さまざまなクルマが登場。「専門学校トヨタ自動車大学校」にも力作が展示されていたので、紹介しよう。

1台目はトヨタ『KP61型スターレット』。

元祖「ボーイズレーサー」で、安価でコンパクトなFRレイアウトだったこともあり、50歳以上のクルマ好きは、このクルマで走り屋デビューした人が多かった。

そんな懐かし『KP61スターレット』を丁寧にレストア。

しかも、80年代初頭に開催されていた、TSワンメイクレース「スターレット・グランドカップ」仕様を髣髴とさせる、オーバーフェンダー仕様というのが渋い。

この『オーバーフェンダー』、よく見るとFRPではなく鉄板から起こしたもの。材質の違いは、意外にもクオリティに差が出る。
少し前までは、学生たちが作るこうした外装パーツはFRP製というのが定番だったが、ここへきてFRPからメタルワークへという流れが出てきて、一気に質感が上がってきたことは特筆できる。

またフロントグリルもオリジナルの『メッシュグリル』になっていて、フロントスポイラーはTRD製。 

 

そしてもう一台、気になったのは、レクサスフェイスのトヨタ80系スープラ。
サイドやリヤからの眺めは、まんまスープラなだけに、フロントを見たときのインパクトは強い。

フロントバンパーをレクサスRCFから流用し、ヘッドライトはレクサスIS250・350の純正を組み合わせ。

「Racing Sport」、「ReStart」(再出発)という意味を込めて、このコンセプトカーには『RSスープラ』という名称がつけられている。

ちなみにKP61型スターレットが販売されていたのは1978〜1984年。
レストアした学生さんたちが、生まれる前なのだ。ちょっと感慨深いものがある。

【関連記事】

 


おすすめ記事
Recommended by