激化する「トヨタC-HR」チューニングの方向性を占う【東京オートサロン2017】


注目のSUV「C-HR」をカスタマイズ
スポーツ系かドレスアップ系か?

世界的な人気となっているクロスオーバーSUV市場に、トヨタが満を持して投入したトヨタC-HR。
発売は2016年12月14日と東京オートサロンの1カ月前だが、手ぐすね引いて待っていたチューナーたちにより、カスタムの方向性を占うデモカーが早くも展示された。
注目の3台をピックアップする!

CABANA C-HR

ミリタリー調のユニオンジャック柄のフルラッピングで、ギャラリーの熱い視線を集め家いた「カバナ(CABANA)」のC-HR。 特にエアロパーツやサスペンションなどを交換しているワケではないが、会場でのお目立ち度はC-HRのなかでイチバンかも。
室内に目を移せばフロント&リヤのシートカバーがオリジナル、さらにラゲッジトレイのカバーもボディに通じる柄で製作されている。 このあたりは内装パーツメーカー「カバナ」の真骨頂ともいうべきで、デザインだけじゃなく純正と変わらないフィッティング、また難燃性や汚れ防止といった部分も追求。
日本製ならではの精密な作りはさすがというしかない。

Kansai C-HR ハイブリッド

ハイブリッドシステムを搭載したエコなグレードだけじゃなく、4WDターボというスポーツグレードも持ち合わせるC-HR。「Kansaiサービス」では両モデルをデモカーとして導入。
展示車はハイブリッドのほうでだが、走りの性能にスポットを当て、他とは一線を画すスポーツのイメージを強調してきた。
ホイールはスポーツカーによく装着されるアドバン『レーシングRS2』、タイヤもポルシェなどに標準装備されるアドバン『スポーツV105』だ。試作品ながらサスペンションはHKSの『ハイパーマックスSスタイルC』、マフラーも同じくHKSの『リーガマックスプレミアム』で固める。オリジナルパーツとしては前後の可到式フック、そして高級感が漂うフロアマットとトランクマット。

BLITZ C-HR

C-HRチューニングは、ハイブリッドもターボも力を入れると宣言した「ブリッツ」。展示されたモデルはハイブリッドで、サスペンションや電子パーツなどで軽めのチューンが施されていた。開発中の足まわりは『ダンパーZZ-R』で、前後とも32段の減衰力調整機構で、4kgf柔らかめのスプリングレート。他に吸気系で『アドバンスパワーエアクリーナー』、排気系で『ニュルスペックVSクアッド』も開発の真っ最中という。ブリッツお得意の電子パーツでは、『スロコン』と『スマートブレイン』は適合を確認でき、デモカーにも装着済みだ。

【関連記事】