ペダルの踏み間違い事故を抑制する後付け「急発進抑制システム」【動画】


自動ブレーキが付いていない車種でも
誤発進防止機能を後から装着できる

社会問題化している「アクセルとブレーキの踏み間違い」事故。これを抑制するシステムが「ミラリード」が開発し、全国の「オートバックス」で専売されている『ペダルの見張り番』。
停車状態または10km/h未満で、急激にアクセルペダルを急に踏み込んでしまっても、クルマは急加速しない。新型車や上級グレードに装備されている「ドライブスタートコントロール」のような機能を後付けできるのだ。

<ペダル踏み間違えでパイロンを大ヒット!動画でチェック>

最近の新型車や上級グレードには、衝突事故を軽減する安全システムが装着されている。
しかし、それらは新車装着しかできない。
ところが年式の古いクルマや新型車でもグレードが低いと、その設定さえされていない。

そのようなクルマに対応した「誤発進抑制システム」が「ミラリード」が開発した『ペダルの見張り番』だ。対応車種は100種類以上もある。なお、このシステムの販売と取り付け施工は全国のオートバックスのみとなっている。

上の動画でも紹介したように、停止または10km/h未満の状態でアクセルペダルが急激に踏み込まれると「オーバーアクセルキャンセラー」が「ピー!という警告音とともに作動。
この状態でアクセルペダルをどんなに踏み込んだり、パタパタ動かしても反応しなくなる。
つまり、クルマはクリープ状態(ブレーキペダルを離した状態)でゆっくりと進むだけ。これなら慌てずブレーキペダルを踏めるはず。

なお、制御感度はスイッチで3段階から選ぶことができる。

『ペダルの見張り番』には、ブレーキとアクセルのペダルを同時に踏むと「ブレーキオーバーライドシステム」という機能が作動する。作動時には「ピー」という警告音が鳴り、アクセルの機能をカット。ブレーキが優先されるのだ。

高齢者のペダル誤操作事故が取りだたされている昨今、「ペダルの見張り番」を装着すれば事故件数は減ることだろう。
なお、運転者がオートバックス会員でこのキットの取り付け名義人であるなどの条件を満たすと、1年間の交通事故障害保険も付いている。

【ペダルの見張り番】
価格:¥43,198
(キット本体+車種別ハーネス+取り付け工賃を含む)

オートバックスお客さま相談センター TEL0120-454-771 http://www.autobacs.com/

【関連記事】