C-HRをGTカー風に仕上げたブラックパールコンプリート【大阪オートメッセ2017】


レーシーだが街にもマッチする
絶妙なフロントバンパーに刮目

まるでGTカーのようなインパクト感を出しつつも、ストリートにも十分マッチする絶妙なデザイン、それがブラックパールコンプリートの新作C-HR用エアロ。
2月10〜12日に開催している「大阪オートメッセ2017」(大阪市・インテックス大阪)に出展されるのでいち早く紹介してみよう。

一番の注目は、ハーフタイプのフロントバンパー。特にリップ部は鋭角的な張り出しがある形状とすることで、GTカー風のフォルムを演出。純正にはないインパクトを実現している。

また、ブラックとシルバーの塗り分けなどにより、両サイドにあまりボリュームが出過ぎないような演出も施すことで、街中でもマッチするスタイルを実現。ブルーLEDのイルミネーションも効果満点だ。

リヤバンパーもハーフタイプ。こちらもレーシーな味付けながら、純正バンパーの左右に落ち込んだラインを活かすなどで、違和感のないナチュラルなデザインが秀逸だ。

サイドスカートは、前方から後方にかけて徐々にボリュームがでるようなデザイン。
リヤバンパーが持つインパクトをより自然に魅せるための演出で、後端部のエッジが効いた張り出しにより、こちらもレーシーな雰囲気を醸し出している。

ちなみに、ホイールはレオンハルト・ジーニス シュタインの21インチ。スパルタンなツイン5スポークの3ピースホイールが、高級感とエアロの押し出し感に負けない個性を演出している。

ブラックパールでは、C-HR用エアロのフルバンパータイプも現在開発中。どんなスタイルになるのか、今から楽しみだ。

【関連記事】