30ハリアーをレクサスフェイスにする「フィクサー」エアロ!【大阪オートメッセ2017】


純正スピンドルグリルをセットできる
フロントバンパー&ボンネット登場

レクサスのアイデンティティともいえるスピンドルグリル。それをトヨタ30型ハリアーに装着できるエアロキットを2月10〜12日に開催されている「大阪オートメッセ2017」(大阪市・インテックス大阪)の「フィクサー」ブースに登場した。

特徴は、「レクサスNX」用の純正グリルを30ハリアーにそのまま装着できるというもの。
あの特徴的なスピンドル・フェイスを投入することで、より高級感を演出することができるのだ。

シルバーのリップ部は、レクサスの純正オプションに設定がある別体型パーツをイメージしたもの。ただし、こちらはバンパー一体型で、細部まで“本物”にこだわった作り込みだ。

左右のバンパーガードはLXモード製。ヘッドライトは78ワークス製で、これらパーツもフェイスをより個性的なフォルムにすることに貢献している。

ボンネットもフィクサーのオリジナル。こちらもスピンドルグリルを装着するためには必須となるパーツだ。デモカーでは、カーボンシートを貼っているが、製品版ではボディ同色にペイントすることも可能だ。

リリースは2017年春の予定。トヨタ30型ハリアーのオーナーは要注目だ。

【関連記事】