見た目はR32だけど中身はR35GT-R!? 【大阪オートメッセ2017】


第2世代のGT-Rに最新&最強スペックを投入
“狼の皮を被った虎”の正体に迫る

大阪オートメッセに出展する『トップシークレット』が展示している日産スカイラインGT-R(BNR32)。
よく見れば、”R32″なのはボディだけで、エンジンも室内もすべて最新型の”R35型GT-R”に載せ替えられているというモンスターマシンだ。

ボンネットを開けると、綺麗にR35GT-Rが搭載するVR38が収められている。
タービンは「R800plus」試作タービンで800psをマーク。当然コンピュータもR35用であり、2017年モデル仕様となっているのだ。

ミッションも当然のことながらR35GT-R純正を取り入れているというこだわり。
後部座席の足元スペースからミッションケースが見えるというシャレた演出もニクイ。

コクピットも秀逸な仕上がり。ステアリングからインパネ、エアコンのダクトやダッシュパネル、さらにはドアの内張まで、すべてR35純正を加工装着している。
知らなければ見落としてしまうほどの高い完成度。シートのみR32純正という点もマニアを泣かせるポイント。

ちなみにノーマルに見えるボディもじつはさり気なく前後ワイド化。
さらには公認も取っているので街乗りも可能なナンバー付き車両である。

なお、『トップシークレット』渾身のGT-Rは6A号館にあるので、ぜひ実物を見ていただきたい。

[関連記事]