【大阪オートメッセ2017】やっぱりオバフェン!! ビス留め&叩き出しでワイドな輸入車がキてます!


ワークスと呼ばれた古き良きオーバーフェンダーの時代
懐かしのテイストに現トレンドを交えて復活

ガッツリと張り出した後付けフェンダーをコアにしたカスタマイズ。
これまでは、国産車を中心にリバイバルしていたが、その波が輸入車にも到来している。大阪オートメッセでは、ボディを美しく拡げたワイドボディも数多く登場。確実にワイドボディメイクが復権しているのです。

[EURO MAGIC/VOOMERAN VW GOLF7 GTI]

大阪のプロショップ、「ユーロマジック」が出展したゴルフ7GTIは、同店がプロデュースするブランド、『ブーメラン』のボディキットを装着。ブリッとしたオーバーフェンダーに”ロティフォームCBU”を収めた

この手のメイクはエアサスが多いが、こちらはKWクラブスポーツで制御。車高調による走りのローダウンスタイルがキマっている

[AZUR Motoring Lamborghini Aventador]

愛知の『アズールモータリング』が持ち込んだのはアヴェンダドール。”LBワークス”のビス打ちオーバーフェンダーがスーパースポーツの迫力ボディに、さらなるインパクトをプラスした。足下は同店オリジナルの「スカイフォージド」を投入。

インテリアは「ニューイング」による張り替えで、ゴージャスに。ワイルドだけど、どこかラグジュアリーにも薫る1台に仕上がった。

[HALT VW up!]

ヨーロピアンテイストのエアロデザインで知られる『ハルトデザイン』がイメチェン?
大阪オートメッセでは、”VW up!”をベースに大胆なボディのワンオフ加工を敢行してきたのだ。

フロント9J、リア10.5Jの「ワーク・エクイップ」を飲み込むフェンダーの張り出し具合は、VWの末っ子とは思えないほど。やんちゃなストリートスタイルのup!が完成した。

 

【関連記事】