【大阪オートメッセ2017】D.A.Dが提案するラグジュアリー×スタンスの真相


エッジの効いたスポーツな装いとラグジーとの融合
“ラグスタ”は新ブームメントとなる可能性大!!

大阪オートメッセの2号館に展示している『D.A.D』のアルファード。
美しいホワイトのボディには、
ハーフ形状ながらアピール度の高いボディキットと、超低車高&「LUX-MESH(ラグメッシュ)」ホイールを組み合わせている。
その様は、まさに”ラグジュアリースタンス(
ラグスタスタイル)”を具現化したもの。D.A.Dならではのこだわりと新たな発想が注ぎ込まれた仕上がりとなっている。

リップにエッジを効かせたフロントは、中央にエンブレムも備えるなどラグジュアリー感も満点。メリハリ感と未来感とを強化できるフォグカバーは、手軽ながらイメチェン度激高だ。

スタンステイストを強調する「LUX-MESH」ホイール&「LUGナット」。この足元によってラグスタスタイルが確立されるというワケだ。

過激さも備えたリヤウイングに、立体的でスポーティなリヤハーフスポイラーによって構成されるリヤビュー。全方位でアグレッシブな雰囲気を放ってくれる。
ラグジュアリーとスタンステイストを組み合わせた「ラグスタ」は今後、新たなムーブメントを巻き起こす可能性大のスタイルとなりそうだ。

【関連記事】