【大阪オートメッセ2017】ガレージ×トヨタ・86×ウルトラマンが夢の競演


ウルトラ世代を虜にするクルマとの
ライフスタイルを提案した『A MAN OF ULTRA』

大阪オートメッセの6A号館の会場に、巨大なガレージが出現している。しかもその前には、スペシャルなパーツを装着したトヨタ・86が鎮座し、ガレージ内には”ウルトラマン”をモチーフとしたアパレルが並ぶという、なんとも異色の光景だ。

まさに、50歳代以上の“オヤジ”世代が狂喜乱舞するシチューエーションを演出したのが、『A MAN OF ULTRA』だ。

これは、アメリカ製ガレージを輸入販売する『ガレージワン』と、クルマ関連の様々なメーカー、それにアパレル系メーカーの『フィールズ』がコラボしたもの。

巨大なアーチ型ガレージは丈夫なスチール製で、奥行きはスパンという部材で全長の調整が可能。外観や内部のゴツゴツした雰囲気は、アメリカンなクールテイストが満点だ。

中に入ると、フレグランスやTシャツ、スカジャンなどを展示。いずれも、『ULTRA』をモチーフとしたオリジナルロゴ入りで、シンプルながら男心をくすぐるデザインが秀逸だ。

トヨタ・86には、エアロやBピラーのシルバーカーボン製シートなどで、オリジナル感を演出。これら3つのコラボレーションが、独特の雰囲気を醸し出している。

“オヤジ”世代はもちろん、最近はその息子世代にも人気がある『ULTRA』の世界観。
こんなライフスタイル、けっこういいかも。

 

【関連記事】