【大阪オートメッセ2017】今シーズンを戦う”スーパーGT”のマシンがズラリ!


GT-R、NSX、LC500、RC-F、AUDI R8…
最新スペックを搭載した2017年仕様が登場

国内外のトップドライバーたちがしのぎを削る「スーパーGT」。
今シーズンは4月8日(土)~9日(日)、岡山国際サーキットで開幕し、全国で手に汗を握る接戦が予想される。その主役といえる2017年仕様のマシンが”大阪オートメッセ”にやってきた。世界最高峰レベルのツーリングカーの数々を間近で見ることができる大チャンスとなっている。
車両はステージイベントが行なわれる屋外通路で、その他に4号館ではブースを出展。グッズ販売などもあるのでモータースポーツのファンは見逃すべからず。

[GT300/HITOTSUYAMA AUDI R8 LMS]

[GT500/カルソニック IMPUL GT-R]

[GT500/NSX CONCEPT-GT]

[GT500/LEXUS LC500]

[DENSO KOBELCO SARD RC F]

この「DENSO KOBELCO SARD RC F」は、2016年のGT500クラスでチャンピオンを獲得したマシン。
ドライバーはヘイキ・コバライネン選手と平手晃平選手のコンビだった。

なお、会場では、その他にカーボンで成型されたGT500のモノコックを展示。
エンジンは2リットルの直噴ターボで統一され、レクサス/ホンダ/日産の3社による争いが繰り広げられている。
期間中は、魅力的なグッズがたくさんのオフィシャルショップも登場。
2月12日(日)は大阪オートメッセ最終日。インテックス大阪へ!

(レポート:佐藤圭 撮影:清水良太郎)

【関連記事】