【大阪オートメッセ2017】ダイハツ・デトマソを彷彿させる「赤×黒」2トーンボディ


ブーン/トール/ムーヴ/コペンが
スポーティな仕様でそろい踏み

シャレード・デトマソを筆頭に、数々のホットハッチを世に送り出したダイハツ。
往年のファンにとってはたまらない、伝統の赤×黒カラーをまとった4台が「大阪オートメッセ」(2月10〜12日インテックス大阪)に参上した。
かつてモータースポーツ活動も積極的に行なっていたメーカーだけに、コレを復活の狼煙と期待しちゃうのは必然⁉︎
なおボディカラーの正式名称は、『ジオレッド×ブラックマイカメタリック』となる。ブーン/トール/ムーヴ/コペンの4台、自動車メーカーならではの高いクオリティをご覧あれ。

Boon SPORZA Ver.

X4という4WDターボの超スパルタンなホットモデルが存在した初代『ブーン』。
新しい『スポルザバージョン』はエンジンやミッションにこそ手を入れていないが、走りのよさを強く意識させるボディパーツをまとっている。特にインパクトが強いのは前後のオーバーフェンダーだ。ドアパネルも製作して一体感を出し、ほどよいローダウンで腰高感も上手く解消。懐かしさを覚えるカラーリングながら、デイライトを埋め込んだフロントバンパー、リヤバンパーから顔を出す3本テールのマフラーなど、最新のトレンドもシッカリ取り入れている。

THOR SPORXA Ver.

モータースポーツ界を席巻したダイハツのカラーといえば、赤と黒のボディにゴールドのホイール。当時を知る人にとっては垂涎モノのスタイリングを、新型車『トール』で再現したのがこの車両だ。
スポーティなのは見た目だけじゃない。ローダウンに17インチのホイールで足もとを引き締めて、スクエアなテールの3本出しマフラーが奏でる快音も気分を盛り上げてくれる。前後シート/ステアリング/ダッシュボードなど、室内のカラーコーディネイトも赤と黒で統一。カーボン調のフロントグリルもさり気なくオシャレだ。

MOVE canbus SPORZA Ver.

可愛らしいイメージの強い『ムーヴ・キャンバス』が、スポルザ・バージョンで大胆イメチェン! ブラックインナー化したヘッドライトと、デイライトを内蔵した大きな左右のダクトにより、フロントフェイスはだいぶ男らしい雰囲気に。 足もとを飾る細身の6ホンスポークは、ボディカラーと同じくダイハツ伝統のゴールドを採用する。

LEDウインカー付きのフェンダーダクト、同じくLEDを使ったクォーターパネルなど、細部にまで走り心をくすぐる小ワザが満載だ。室内ではステアリングの真正面に3連メーターを装着する。

COPEN SPORZA Ver. by D-SPORT

日本を代表する軽スポーツ『コペン』のスポルザ・バージョンは、ダイハツ車のチューニングパーツを開発する『Dスポーツ』の手による作品。

オリジナルのエアロパーツやサスペンション、スポーツマフラーにローダウンサスペンションなどが装着され、保安基準をクリアしながも走りの性能を向上させている。 インテリアでは左右にホールド性能の高いフルバケットシート、またボディ剛性を高めると同時に万が一のクラッシュからドライバーを守る、リヤの4点式ロールケージを装備済み。サーキットで走らせてみたい1台だ。

【関連記事】