【大阪オートメッセ2017】「GT-Rマガジン」ブースで施工&製作現場を公開


ウエットブラストとエンジンモデル組み立てを実演

「大阪オートメッセ2017」(大阪市インテックス大阪)は完成したものを見るだけでなく、作業の実演が話題となっている。
GT-Rマガジンブースでは、ガレージヨシダのウエットブラスト、日下エンジニアリングによる6分の1スケールモデルのGT-R用エンジン組み立て作業が実演された。

ガレージヨシダのウエットブラストとは、最近話題のレストア法で水と研磨剤を混合したもので、骨格を傷めずに劣化したサビや塗装を剥離するという下地処理。
大阪オートメッセの会場に小型のウエットブラスト機を持ち込み、実際にその作業を見せている。

また、GT-Rの関連グッズでお馴染みの日下エンジニアリングは、日産R32〜R34型スカイラインGT-Rが搭載するRB26DETT型エンジンの6分の1スケールの組み立て作業を実演している。精巧なミニチュアサイズのエンジンはどのように作られているのか? 日下エンジニアリングの巧みの技術が間近で確かめられるチャンス。

2月12日(日曜日)はウエットブラストミニ作業実演が12時~、1/6エンジンモデル製作実演が13時30分~。どちらも6A号館のGT-Rマガジンブースで開催されるので、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

【関連記事】