【大阪オートメッセ2017】シックスセンスのヴェルファイア用バンパーが最終日に披露!!


ヴェルファイアの最新バンパーがオートメッセでそのベールを脱いだ!!

トヨタ・アルファード&ヴェルファイアをはじめ、エアロから小物まで多彩なパーツラインアップで知られる「シックスセンス」。今回は大阪オートメッセの2号館に出展中だが、最終日となる3日目(12日)に30系ヴェルファイアの新作フロントパンパーがデビューを果たしたのだ。
2作目となるバンパーは大ヒットした20系ヴェルファイアを彷彿とさせ、さらにパワーアップ。スピンドルグリルのデザインがかなりアグレッシブで、ヴェルファイア・オーナーを中心に大きな注目を集めている。

ヘッドライトの下には前作で好評のストロボライン、フィンルーバー、シャープな台形ボトムリップを採用。原点回帰的なイメージも醸し出している。今回はプリシュクラッシュ&カメラ無しバージョンだが、のちに対応バージョンも展開予定。

ブースでは他にも最新作が勢揃い。オリジナルのシートカバーや、シートエプロンなど、販売&展示も大にぎわい。飛行機の内装をイメージさせるディスプレイで、オシャレなブースを展開中だ。

シックスセンスといえば、ホイールも見逃せない。左のJM-20は、シルバー、ブラック、ハイパーブラック、ゴールド、パールホワイト、マットブラック。右のJM-18は、ディープシルバーとグロスブラックを設定する。そして、センターに位置するJM-20は、サイズは16〜20インチ。カラーはガンメタポリッシュとなるニューバージョンだ。

物販ゾーンでは、ステッカーやノベルティ、さらに人気のレーシングナットやタイヤステッカーなどの小物アイテムを販売。お得なイベントも12日(日)まで、インテックス大阪へ急ぐべし!!

シックスセンス TEL072-330-0001 http://www.sixth-sense.jp/

【関連記事】