【大阪オートメッセ2017】レイズが高強度な超超ジュラルミン製鍛造を設定


満を持して登場した高強度ホイール「TE037DURA」
モータースポーツで得たノウハウを惜しみなく投入

スポーツホイールの代名詞とも言えるレイズのTE37シリーズが新たな動きを見せた。
「大阪オートメッセ2017」(大阪市・インテックス大阪)のレイズ・ブースでお披露目されている『ボルクレーシングTE037DURA』は高強度な超超ジュラルミン製の鍛造。満を持しての発表で、スポーツモデルファンを沸かせている。

デザインはTE37の伝統である6本スポークを踏襲。しかし、スポークサイドを見れば徹底した肉抜きが施されている。

レイズはスーパーGT車両用など、レーシングカーのホイールも開発しており、その技術を惜しみなく投入しているのだ。
とはいえ、軽ければ良いというのではなく、今回重視したのは強度や剛性。ハイパワーのクルマが履いた際のハンドリングの良さを大切にしているという。

性能だけでなく見た目についても抜かりはない。新色となるブライトニングメタルダークは素材感、メタル感が強調された独特の輝きを放っている。

大阪オートメッセの会場では、日産R35型GT-RにこのTE037DURAを装着して展示。
レイズの最新技術をすべて注ぎ込んだ逸品を、ぜひアナタの目で確認していただきたい!

【関連記事】