【大阪オートメッセ2017】激アツ街道レーサー系Kトラが集結! 個性たっぷりのカスタムに熱視線


関西らしいヤンチャ系もカッコいい!
大阪オートメッセで目立っていたKトラカスタム

数多くのドレスアップカーが集結するインテックス大阪の4号館において、特に異彩を放っていたのが『はろーすぺしゃる』と『翔プロデュース』のKトラだ。
ド派手なエクステリアは共通だが、他のKトラ集団たちも「他人と一緒じゃ面白くない!」と言わんばかりに、個性的なカスタムを実践。コレだけのKトラが一堂に会するのは、世界広しといえども大阪オートメッセだけかもしれない。

[Kattobi MAIKO Buchigiri]

翔プロデュースのフルエアロを加工し、125系クラウン用グリルや210系ジャパンのレース用スポイラーを延長して装着。タイヤはフロントが225/40-14、リヤが245/60-14という強烈なサイズだ。リヤバンパー両端にはボディカラーに合わせて塗り分けた、旭日旗デザインのカナードを装着するなど、細部の作り込みまで妥協ナシ!

足まわりはボルドワールドのエアサスが基本で、ロアアームやタイロッドの加工により8度のリヤキャンバーを実現する。16cmも張り出したフェンダーに収まるのはワイド加工の鉄ホイール

 

ラメ入りピンクのほどよいワイドボディで仕上げたマシン。リヤスポイラーは小ぶりで実用性も悪くない。白ナンバーも取得済みだ。

 

インパクト絶大のガルウイングに竹ヤリマフラー。前置きインタークーラーやスープラ・ターボAを思わせるエアダクトもオシャレ!

 

レースファンなら誰もが知っているアドバンカラー。スポイラーのデザインやホイールのチョイスも往年のレースカーを意識させる。

(撮影レポート:佐藤 圭)

 

【関連記事】