【大阪オートメッセ2017】名車「サバンナRX-3」がシャコタン&オバフェンで復活!


エンジンを完全レストアしエアサスでベッタリ!

2月10〜12日にインテックス大阪で開催された「大阪オートメッセ」。
愛知のプロショップ「リバティーウォーク」のブースには、なんと1970年代の名車マツダ『サバンナクーペ』のシャコタン仕様が登場! 当時の雰囲気そのままのスタイルが人気を呼んでいた。

サバンナRX-7の前身であるこのクルマは、マツダお得意のロータリーエンジンを搭載し、当時モータースポーツなどでも大活躍したクルマ。海外でもRX-3の名称で輸出され、世界中にファンがいるマツダの名車だ。

超ワイドなオーバーフェンダーが迫力

ブースに展示されたクルマは、昭和52年(1977年)式・後期型。12Aエンジンを搭載した、なんと40年前のモデルだ。
当時のレースシーンで圧倒的な強さを誇った日産スカイラインGT-Rを打倒すべく、マツダが投入した輸出仕様のサバンナRX-3ベースのワークスマシンを彷彿とさせるスタイルだ。

イエローのベースカラーにグリーンのラインを施し、超ワイドなオーバーフェンダーなどを装備。

車高はエアレックス製エアサスでベッタリと落とし、フロントバンパー下の大型アンダースポイラーも迫力満点だ。

ウェーバー製キャブ搭載

エンジンはフルレストアされ、とても40年前のクルマのものとは思えないほど。
施工を担当したのは岡山の三好自動車だ。

特に、注目はキャブ。当時、国内外のレースで一世風靡したウェーバー製で、48Φの大径サイズをセットしている。

ロータリーエンジン用のため、エア吸入口が上向きとなっているスタイルも雰囲気満点。
今のクルマのエンジンにはない、メカニカルな美しさを持つエンジンにさらなるレーシーさをプラスしている。

このマシンはオーバーフェンダーなどをモディファイし、今後も進化を遂げる予定。今から楽しみだ。

【関連記事】