【大阪オートメッセ2017】進化するエアロボンネット!特選5タイプ


スポーティなルックス向上だけじゃない
機能性まで高められる本格派が増加中!

20万人を遥かに超える来場者を集め、盛大にを幕を閉じた「大阪オートメッセ2017」。
インテックス大阪の6A号館では、日産GT-Rやトヨタ86を筆頭にホンダS660やスバルWRXなどが展示され、国産スポーツカー&スポーツワゴン・ブームの高さを見せてくれた。
その各ブースでPRされていたひとつがボンネット。見た目だけでなく冷却性に優位なダクトを持つカーボン製アイテムが人気のようだ。

[ings×TOYOTA 86]

スーパー耐久レースで得たテクノロジーを投入した「ings」の『N-SPEC』シリーズ。その冷却効果を持たせたエアロボンネット、洗練されたダクトデザインで機能美を力強くアピール。
材質は、平織りカーボンと綾織りカーボン、FRPの合計3タイプ。スバルBRZにも対応する。

イングス→ http://www.ings-net.com/

[Rocket Dancer×NISSAN FAIRLADY Z(Z34)]

縦方向へ流麗なプレスラインを配した「藤村オート」のZ34フェアレディZ用の『ロケットダンサー・エアロボンネット』。エンジンルーム内の熱を効率的に排しつつも、雨水などの進入を防ぐ構造となっている。
このダクトは穴なしも選択OK。FRPとウェットカーボンの2種類を設定する。

フジムラオート→ http://www.fujimura-auto.co.jp/

 [K2GEAR×SUBARU LEVORG]

スバル・レヴォーグのインタークーラーへの空気流動量をアップ。冷却効果を高める「K2GEAR」の『I/Cインテークダクト』は、純正とのボルトオン交換を可能とした設計で、ノーマルとはひと味違ったスポーティな演出ができる。カーボン製のほか、FRPは未塗装と塗装済みを用意。

平山自動車→ http://www.k2k2.jp/

[ROWEN Japan×SUBARU WRX STi]

「ロェン」が展開するプレミアムエディションのエアロを纏ったスバルWRX STi。
そのボンネットに鎮座する『ボンネットダクトエクステンション』は、純正エアダクトの上から貼るだけというイージーな構造。ダクト部の輪郭が強調され、その存在感を高められる。FRP製とカーボンを設定。

ROWEN事業部→ http://www.rowen.co.jp/

[TOPFUEL×HONDA S660]

ホンダS660にも力を入れる「トップフューエル」からは、綾織り柄が美しいカーボンボンネットを披露。
大型のエアアウトレットを深く掘り下げる形状で、ラジエターの熱交換効率を引き上げるスポーツ志向のモデルだ。ちなみに、デモカーはオリジナルハイフロータービンで135psまでパワーアップされている。

トップフューエル→ http://www.topfuel.info/

【関連記事】


おすすめ記事
Recommended by