【大阪オートメッセ2017】王道VIPから仰天の大ワザまで!レクサス・メイキング4選


カスタムトレンドの発祥地が
本気を見せるセダン・メイク

セダン系カスタムのトレンドを生み出してきた関西地区。
2月10〜12日にインテックス大阪(大阪市)で開催された「大阪オートメッセ」。
この会場で、特に目を惹くスゴ技やこだわりを駆使したボディメイク&インテリアを施すレクサス系4台をピックアップしよう。

MJK LS後期 WIDE BODY STYLE

レクサスのフラッグシップ『LS』に、オリジナルのブリスターフェンダーベースキットでさらなる風格を。エアロはMJKとエイムゲインを組み合わせ、細部には当然のごとく加工が施される。純正と比較するとボディ幅は相当に拡大されているが、リヤドアからフェンダーにかけての処理が自然で、ノーマルが持つ高級感をまったく損なっていない。 『グランドスラム宗像』のハイパフォーマンスキットと『エアフォース』のRC-1キットでローダウンし、ホイールはフィンタイプの『ワークEMITZ』の21インチ、タイヤはフロントが245/35-21でリヤが285/30-21の極太サイズだ。 スポイラーの各所に装着した小ぶりなカナード、MJKがワンオフ製作したカーボンテールのマフラーなど、スポーティなテイストを盛り込んでいるのも特徴だろう。

FORZATO IS R-PRIDE


福島県のプロショップ『オーテック白河』が出展するレクサスIS。
エクステリアは同社が展開するブランド『フォルツァート』のFZ R-PRIDEバージョン、インテリアは『スプレンダー』で統一感のある作り。
エアクリーナー/マフラー/ECUと同じく『フォルツァート』でまとめたパワー系のチューニング、またリヤに装着した大きなGTウイングからは、走りにも妥協しない作り手の強い意思が伝わってくる。


カーボンで製作された前後のオーバーフェンダーは、レーシーさとラグジュアリーさをバランスよくミックス。そして何といっても目を引くのは、ヒッチメンバーを介して搭載したズーマーだろう。

車両はズーマーのパーツ販売で知られる『リンパーツ』が製作し、旧車に人気のホイール『ハヤシレーシング』を履いている点も見逃せないポイント。

ZEEK Body Works(SUPER EURO仕様)

車名からも分かるようにユーロをコンセプトに製作されたレクサスLS。
『エイムゲイン』の純VIP GT ワンオフエアロを基本とし、同じくワンオフのブリスターフェンダーやボンネットでオリジナリティあふれる外観に。 内装はアルカンターラに総張り替えし、パネルはスポーティなカーボン柄でラッピング、ルーフに埋め込んだスポットなど小ワザも忘れない。

管楽器を連想させる造形のエキゾーストシステムは、『センスブランド』をベースに中間がワンオフのフルストレート構造、マフラーカッターは日産R35型GT-Rから流用している。

『ユージーランドボディ』の手によるサスペンション、また405φの大径ローターを備えたブレーキシステムも装着し、クルマの基本性能である走る・曲がる・止まるをトータルでブラッシュアップしたセダンといえるだろう。

370Factory Original GS

全体的にはシンプルな作りだが、細部にコダワリが詰め込まれたレクサスGS。
極端に幅を広げないセミブリスターフェンダーに合わせたエアロは、前後バンパーが『ワンスター』の加工でサイドステップとリヤウイングがワンオフだ。

バンパーの開口部やヘッドライトまわりにはワンポイントでカーボン加工を施し、明るいボディカラーとのメリハリを演出している。

インテリアのカラーは明るい白でに張り替え、シートベルトなどにワンポイントとして赤を使う。 車高は『ACC』のエアサスできっちり落とし、定番といえる『Tディメンド』のフルアームでアライメントを調整。エキマニからワンオフ製作した排気系は、リヤピースにチタンを使い軽さと美しさの両立を狙う。細身のスポークで軽快な印象を与える『ゼニス・ライン』の19インチにも注目。

(レポート&撮影:佐藤圭)

【関連記事】